これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 黒点 」 一覧

活動極小期の太陽で「直径20万キロメートル」に及ぶ巨大なフレアが発生。複数のコロナ質量放出による磁気嵐が地球に接近中

2019年5月12日 太陽黒点AR2741(中央)が爆発した時の様子 ・Spaceweather 太陽活動極小期の異変 太陽は現在、すでに活動極小期に入りつつあり、基本的には太陽活動は小さな状態のまま ...



地球の方向を完全に向いている巨大な太陽黒点AR2738の中に発生している「謎の光のライン」

2019/04/14    , , , ,

2019年4月14日 地球の方向に回ってきた黒点AR2738 ・NASA / SDO   以下の2本の記事で取りあげさせていただいていた「太陽活動の極小期に発生した巨大黒点」は、日本時間の ...

太陽活動極小期の巨大黒点AR2738は、そのサイズを地球の2倍にして接近中。しかし、活動のパワーは高くない模様

2019年4月13日の太陽黒点AR2738 ・Philippe TOSI   先日、以下の記事でご紹介しました、久しぶりに太陽に出現した巨大黒点活動領域「 AR2738 」は、その後も成長を ...



活動極小期の太陽に久しぶりに「地球サイズ」の巨大な黒点が出現。これから地球方向に進んできます

2019年4月7日 太陽に出現した黒点活動領域 AR2738 ・Giampaolo Salvato   突如太陽に出現した超巨大黒点 太陽活動は、どんどん静かになっていまして、スペースウェザ ...

太陽黒点ゼロの下で出現し続ける強力なオーロラ群

2018年2月23日 アラスカ上空で撮影されたオーロラ ・vk.com Sponsored Link   太陽活動はさらに日々弱くなっていまして、この数日はまったく黒点が出ていない状況となっ ...



太陽活動縮小期に「時期はずれの太陽フレア」が立て続けに発生し、今週の地球は時期嵐の真っ只中に

2018年2月12日に発生した太陽フレア(3時間の動きを短縮) ・spaceweather.com Sponsored Link   少し前に、 ・半年ぶりに「時期はずれの急激な黒点数の増加 ...

太陽のコロナホールが生み出したロシア・ムルマンスクでの度を越えた美しさを放つ夏のオーロラ

8月9日 ロシア・ムルマンスク ・twitter.com ロシアの北欧に近いムルマンスクで、最近の太陽からの磁気の影響なのか、とても強いオーロラが観測されているようで、その美しさが圧倒的なものとなって ...



7月の「太陽サプライズ」 : 太陽活動極小期突入の時期に突然、爆発的な成長を続ける黒点群2665。その活動領域の距離は地球の直径の5倍

7月9日のスペースウェザーより ・SUNSPOT SURPRISE 太陽黒点領域2665と地球の大きさの大まかな比較 Sponsored Link   現在、太陽はその活動の最も少ない時期で ...

3月4日に唐突に「黒点ゼロ」になった現在の太陽を撮影したNASAの観測衛星から送られる様々な表情

2017/03/06    , , , , , ,

NASAの太陽観測衛星SDOが撮影した3月5日の黒点0の太陽 ・NASA 今年 2017年は「黒点ゼロ」の新年から始まり、その後は、たまに黒点が出たり消えたりといった感じの中で、少しずつ黒点は減少して ...



太陽に10日ぶりに黒点が出現。そして、唐突に太陽フレアを発生させる

  2017年1月13日の太陽フレア   ・NASA   新しい年に入って以来、太陽はとても静かな活動を続けていまして、「相変わらず黒点も出現せず、今年最初の満月を迎えた中、淡々と消化されて ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.