これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 CME 」 一覧

太陽フレアの影響により、地球で過去2年で最強のG3級の磁気嵐が発生

2019/05/16    , , , ,

2019年5月14日の英国エクスプレスより ・express.co.uk   太陽活動極小期の異変 前回の以下の記事では、活動極小期の太陽で、複数の太陽フレアと、それに伴う CME (コロナ ...



活動極小期の太陽で「直径20万キロメートル」に及ぶ巨大なフレアが発生。複数のコロナ質量放出による磁気嵐が地球に接近中

2019年5月12日 太陽黒点AR2741(中央)が爆発した時の様子 ・Spaceweather 太陽活動極小期の異変 太陽は現在、すでに活動極小期に入りつつあり、基本的には太陽活動は小さな状態のまま ...

活動極小期に活発化する太陽がついにMクラスのフレアを噴出。7月16日頃に磁気嵐が地球に到来する予定

2017/07/15    , , , ,

7月14日に発生したM2.4の太陽フレア ・Spaceweather NASAの太陽観測衛星による撮影 ・NASA Sponsored Link 少し前に、 ・7月の「太陽サプライズ」 : 太陽活動極 ...



太陽から発せられたコロナ質量放出での磁気嵐により、北米大陸の広範囲に異様に鮮やかなオーロラが出現

カナダ・オンタリオ州で撮影されたオーロラ 5月28日 ・spaceweathergallery.com 5月25日頃からの太陽活動による CME (コロナ質量放出)によって、5月27日頃から、地球はか ...

太陽フィラメントの爆発による磁気の影響が4月15日頃に地球に到達する可能性

2017年4月10日太陽表面の爆発 ・NASA   太陽表面の磁気の集まりが細い線のようになる構造を「太陽フィラメント」というように呼びますが、4月10日に、太陽の表面に出現していた、このフ ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.