これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

太陽活動と宇宙 異常な現象

活動極小期に活発化する太陽がついにMクラスのフレアを噴出。7月16日頃に磁気嵐が地球に到来する予定

投稿日:2017年7月15日 更新日:

7月14日に発生したM2.4の太陽フレア

Spaceweather

NASAの太陽観測衛星による撮影

NASA

Sponsored Link


少し前に、

7月の「太陽サプライズ」 : 太陽活動極小期突入の時期に突然、爆発的な成長を続ける黒点群2665。その活動領域の距離は地球の直径の5倍
 2017/07/10

という記事を書かせていただきました。

本来なら、現在、太陽はその活動の最も少ない時期である活動極小期手前にあるのですが、唐突に巨大な黒点が現れたことをご紹介したものです。

その後、黒点数は、この時期としては異例の 55 まで増大し、ちょっとした活動最大期的な様相を呈していました。

・In Deep

その太陽が、Mクラスの太陽フレアを発生させていました。

Mクラスは Xクラスよりエネルギーの低い太陽フレアですが、活動が小さくなっている今の時期に発生したものだと考えると、なかなか異例のことだと思われます。

・NASA

フレアのデータによれば、M2クラス以上の太陽フレアが最後に発生したのは今年 4月3日で、それ以前も 2016年7月24日ということで、この 1年間でも希な出来事だったといえそうです。

太陽黒点は今もなお巨大ですが、下のように、じきに太陽の裏側に回っていきますので、数日後には静かな太陽活動に戻るはずです。

7月14日の太陽の状況

Spaceweather

今回の太陽フレアは CME (コロナ質量放出)も発生させまして、これが地球に向いて進んでいますので、7月16日頃に地球でも磁気嵐などの影響がありそうです。

規模は小さなものですので、実生活に影響はさほどないと思われます。

それにしても、まだまだ太陽はやる気まんまんのようです。







人気の記事

1

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

2

ペルーのクスコで撮影された赤い川 ・Hilton Davila   かつてのインカ帝国の首都であり、アンデス山脈中の標高 3000メートルを越える場所にあるペルーのクスコ。その市街は世界遺産 ...

3

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

4

2019年10月9日 記録的に早い大雪に見舞われた米国ワシントン州スポーケン ・fobosplanet 日本は、今、歴史的なスーパー台風を迎える直前ですが、アメリカでも異様な気象に見舞われる直前となっ ...

5

・npr.org   数ヶ月間にわたる深刻な森林火災が続くオーストラリアですが、この 1月に入り、それに加えて、豪雨や雹(ひょう)嵐、ダストストーム(砂嵐)など様々な自然災害に襲われています ...

6

・phys.org   オーストラリアで続く終末的な森林火災は、2019年の最後の日に、各地を真っ赤に染めたことを以下の記事でご紹介しました。 2019年最後の日を「真っ赤な終末の光景」で終 ...

7

8月10日の米メディアの記事より ・'Doom Nimbus': Incredible shelf cloud filmed over Anna, Illinois   最近は「ものすごい雲 ...

8

2019年10月23日 豪雨で冠水したスペイン・オリウェラの街 ・gulftoday.ae 荒れた気象が世界中を駆け巡っていますが、10月23日、ヨーロッパの一部が徹底した悪天候に見舞われたことが報じ ...

9

2019年2月24日のイタリアの報道より ・meteogiornale.it   イタリアで 2月23日、おそらく同国が経験したことのないような暴風が全土にわたり吹き荒れました。 突風で耐え ...

10

アルバニアの地震を伝える6月1日の報道より ・VOA   バルカン半島に、ギリシャと隣接しているアルバニアという国があります。地図では以下の場所にありますが、このアルバニアのコルチャという地 ...

-太陽活動と宇宙, 異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.