これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 Y. Okaの記事 」 一覧

[定期]アメリカの7月9日までのワクチン接種後の有害事象報告は 49万件超、死亡例は 1万1000件超。12歳から17歳までの死亡事例は 12件に

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 前回分は以下になります。 [定期]アメリカの7月9日 ...



英国の感染確認数が過去半年で最大となり、死者数は過去三ヶ月で最大を記録する中、「コロナ重症患者の大半が二回のワクチン接種を受けた人たち」であることが露呈

2021/07/22    , ,

  7月19日に 1年半続いたロックダウンを解除したイギリスですが、ロックダウンやその解除とは関係なく、そもそも、この数カ月間、ものすごいペースで感染と死者数が拡大し続けていました。 7月2 ...

ワクチン接種が進むとコロナの感染状況がどうなるかをいくつかの国で見てみましょう。接種率がヨーロッパでトップのマルタの感染数は1ヶ月前の200倍超

  少し前に以下の記事で、アジア各国で、最近になって感染拡大の状況に歯止めがかからなくなっていることをご紹介しました。 さあ、アジアのパンデミックが2021年7月から始まった 投稿日:202 ...



コロナワクチン接種が義務付けられている国々の詳細。それらの多くでは接種を受けないと仕事を失うことに

elmoudjaweb.com   この 7月に入って、世界の各国で、コロナワクチン接種が「義務化」され始めています。 以下の記事では、イギリスで「人が集まる場所へ立ち入るにはワクチン接種証 ...

イギリスでロックダウンの解除がおこなわれた「数時間後」、英国首相がワクチンパスポートの完全な実施を発表。どこに入るのにもワクチン接種証明が必要に

2021/07/20  

edinburghlive.co.uk   イギリス政府は 7月19日、事前に告知されていた通りに、ロックダウンを解除しました。 イギリスは、以下のように、2020年3月から、通算で三回にわ ...



[定期]アメリカの7月9日までのワクチン接種後の有害事象報告は 46万件超、死亡例は 1万1000件に迫る。時間の経過と共に死亡増加率が上昇する構図が明らかに

childrenshealthdefense.org   米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 ...

欧州医薬品庁のワクチン副作用報告数: 7月3日までのヨーロッパでの有害事象報告数は 168万件、死亡報告数は 1万7000件超に

アメリカ CDC のワクチン有害事象報告を定期的にご紹介させていただいているのと同時に、月に 1度ほど、ヨーロッパでのワクチン有害事象報告の公式なデータベースである欧州医薬品庁の「ユードラ ビジランス ...



アメリカ西部に過去35年で最大の「バッタの大群」が侵入。米農業当局は、過去最大級の空中農薬散布プログラムを開始

バッタの大群に作物を食べ尽くされたモンタナ州モールタの麦農場。 AP   アメリカではこの数年、農業を巡る問題がいろいろと大変となっていますが、今年は「昆虫による被害」が顕著になっています。 ...

さあ、アジアのパンデミックが2021年7月から始まった

Pavel Degtereov   世界各地で、特にアジアを中心にこの 7月から異様な感染確認数の増大が開始されています。 今回は特に説明なく、いくつかのアジアの国のグラフをご紹介したいと思 ...



[定期]アメリカの7月2日までのワクチン接種後の有害事象報告は 43万件超、死亡例は 9000件を超える。死亡事例の増加幅が過去最大に

childrenshealthdefense.org   米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.