これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「異常な現象」 一覧

極渦の崩壊により「過去1世紀で最も寒かった1929年1月の気象パターン」と同様の状態となり、並外れた寒さが北半球の各地に影響を与え始めている

Severe Weather Europe   以前、In Deep に、北極上空の非常に冷たい大気の流れである「極渦」が、成層圏の突然の温度上昇によって分裂あるいは「崩壊」していることを書 ...



中国の空をまたも「数千羽のカラスの大群」が舞う中、コロナウイルスの感染拡大が止まらず、共産党は中国北部で2800万人を対象とした大規模ロックダウンを開始

1月15日に河南省の鄭州東駅に数千羽のカラスが飛び交う。soundofhope.org   中国で、新型コロナウイルスの感染確認事例が 10ヶ月ぶりの高い数値となったことを受けて、中国政府は ...

パキスタンで前例のない「全土での停電」が発生。2億人以上が影響を受ける

2021年1月10日 パキスタン・カラチ。見えている電気は自家発電によるもの。 AFP   パキスタンで大規模な送電システムのクラッシュにより「全土がブラックアウト」という異例の事態が起きて ...



8月に歴史的な爆発のあったレバノンの首都ベイルートが同国史上で最大規模の雹嵐に襲われる

Infotainment   12月5日、レバノンの首都ベイルートで、同国の気象学者たちが「歴史的な雹(ひょう)嵐」と呼んだほどの激しい雹(ひょう)嵐が発生しました。 レバノンの街は、またた ...

太陽の裏側で過去3年で最大のフレアが観測される。Xクラスだった可能性も

11月29日に観測された M4.4 の太陽フレア NASA、spaceweather.com 先日、In Deepの記事で、太陽活動が急速に増大していることについて、以下の記事を書かせていただきました ...



ほんの1週間ほどの間に世界各地で巨大な火球が連続して爆発

2020/11/15    , , , ,

11月7日 スウェーデン南部の上空で爆発した天体とみられる火球 ・Very bright fireball over Sweden   この 1週間ほど、世界の各地で比較的大きな「火球の爆発 ...

ロックダウン中のスコットランドの空に出現した、あり得ない虹色の光彩を放つムーンコロナ

2020年11月6日 英スコットランドで撮影されたムーンコロナ(光冠) ・Christopher J Cogan   イギリスは 11月はじめからロックダウン、すなわ全土封鎖が多くの地域で行 ...



ミニ氷河期化するアメリカ:各地で観測史上最も早い強力な寒波、降雪に見舞われ続けている

10月26日にマイナス33℃を記録した米モンタナ州ポトマック ・NWS Missoula   大統領選挙が近づくアメリカですが、そのアメリカでは 10月20日過ぎから、広い範囲で、過去にない ...

韓国のインフルエンザワクチン接種後の死者数が50人に。しかし、「昨年は接種後に1500人以上亡くなっていたので今年が異常なのではない」と保健当局は接種を中止せず

・mediainnews.com   先日、以下の記事で、韓国において、10月22日までに、インフルエンザワクチンの接種後に 13人の方が亡くなったことをご紹介しました。 韓国でインフルエン ...



韓国でインフルエンザワクチン接種後の死亡例が相次ぐ。現在までに13人が死亡。基礎疾患のない男子高校生も含まれる

・mediainnews.com   韓国では、今年、インフルエンザワクチンの接種が無料とされているようで、多くの人たちが接種を受けているようですが、予防接種を受けた人が次々と亡くなるという ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.