これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「異常気象」 一覧

アメリカの記録的な干ばつで、春小麦の99%の生産地が影響を受けていることが米国農務省のデータで判明。そして今度は記録的な夏の寒波に

2021/08/01    , ,

  世界中での異常気象は今に始まったことではないですけれど、年々その影響は拡大し続けています。 最近のアメリカは「極端な熱波と極端な寒波が交互に訪れる」という農作上あまり良いとはいえない気候 ...



[定期]アメリカの6月4日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 32万9021件、死亡例は 5888件。「流産・死産」は 666件に

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 今回は 6月4日までの有害事象報告データです。 5月 ...

台湾が過去50年で最悪の水不足による緊急事態に。世界最大の半導体生産が停滞に陥る可能性も。総統は「人工降雨作戦」にも言及

水不足による半導体の生産懸念について述べる台湾経済部の王美華氏。DWNEWS   台湾で近年最悪レベルの水不足が発生していることが世界中で報じられています。 これは、昨年以来続く雨不足による ...



壊れたアメリカの気温と降雪量。テキサス州では1400万人が飲料水を失い、アーカンソー州では「1週間で6年分の雪」が降る

2月16日。テキサス州リチャードソン市内の噴水を復旧させる作業員。 mainichi.jp   北半球の広範囲で異様な寒波と大雪が続いており、アメリカのことが報じられることが多いようですが、 ...

始まったはずの太陽活動「サイクル25」は進行せずに止まったまま。その中で地球を襲う寒波地獄

14日間連続で太陽黒点ゼロの太陽 NASA   昨年 9月、NOAA と NASA が共同で、 「太陽活動周期サイクル25が始まった」 と正式に発表しました。 以下の記事でもそれを取り上げて ...



北極上空の大気の循環「極渦」の崩壊による北米、欧州などの寒波と大雪は、今後さらに歴史的な激しさに

2021年のバレンタインの北米の平年との気温の差異。紫の部分は平年より10℃から20℃低い。 GFS-2   通常の場合、北極の上空を循環している「極渦」と呼ばれる冷たい大気の流れが「崩壊」 ...

日本での今シーズンの「雪かきによる死者」は同時期として過去最大の70人に。コロナでの移動制限も死者の増加に関与

2021/01/26    , , , ,

2021年1月16日 秋田横手市の小学校の屋根で除雪作業にあたる陸上自衛隊。mainichi.jp   日本海側や北海道を中心に断続的に記録的な大雪が続いていますが、時事通信社の集計によると ...



ロシアのシベリアで歴史上で最強で最長の寒波が続いている。 ヤクーツクでは -40℃以下の気温が2ヶ月近く持続中

riafan.ru   ロシアで 12月から続く強烈な寒さが終わる気配を見せていません。 シベリアのヤクーツクでは、12月初旬に -40℃を記録して以来、現在までに一度も -40℃を上回って ...

極渦の崩壊により「過去1世紀で最も寒かった1929年1月の気象パターン」と同様の状態となり、並外れた寒さが北半球の各地に影響を与え始めている

Severe Weather Europe   以前、In Deep に、北極上空の非常に冷たい大気の流れである「極渦」が、成層圏の突然の温度上昇によって分裂あるいは「崩壊」していることを書 ...



2021年1月の大雪による日本での死者は少なくとも13名。負傷者は250人以上に

2021/01/13    , , , ,

2021年1月8日 自衛隊による救出活動 首相官邸ツイッター(英語版)   1月7日頃から10日過ぎまで続いた日本海側の記録的な大雪については、地方それぞれの報道では、被害や状況などが伝えら ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.