これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「異常な現象」 一覧

アメリカ西部に過去35年で最大の「バッタの大群」が侵入。米農業当局は、過去最大級の空中農薬散布プログラムを開始

バッタの大群に作物を食べ尽くされたモンタナ州モールタの麦農場。 AP   アメリカではこの数年、農業を巡る問題がいろいろと大変となっていますが、今年は「昆虫による被害」が顕著になっています。 ...



さあ、アジアのパンデミックが2021年7月から始まった

Pavel Degtereov   世界各地で、特にアジアを中心にこの 7月から異様な感染確認数の増大が開始されています。 今回は特に説明なく、いくつかのアジアの国のグラフをご紹介したいと思 ...

感染者激増中のイスラエルで、新たな感染者の約半数が「完全に2回のコロナワクチン接種をされた人たちだった」ことが判明。それでも政府は12歳以上へと接種キャンペーンを拡大

The MIGAL Research Institute   「世界最速、最大規模」のワクチン接種を展開したイスラエルと英国の新たなコロナ感染事例に歯止めがかからなくなっています。 もっとも ...



太陽で4年ぶりに「Xフレア」が発生。それは「認識されていない黒点が突然爆発する」という過去にはない奇妙なフレア

spaceweather.com   昨年秋に、以下の記事にありますように、 NASA が、「新しい太陽活動周期が始まった」と発表して以来、弱い活動ながらも、太陽は極小期から次第に黒点活動期 ...

[定期]アメリカの6月25日までのワクチン接種後の有害事象報告は 41万件超、死亡例は 7000件に迫る。13歳の少年が接種二日後に死亡

childrenshealthdefense.org   米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 ...



アメリカの医師の60%がmRNAコロナワクチン接種を拒否していることが米国外科医師学会の調査で判明

米国医師外科医協会(AAPS)の調査結果 AAPS   アメリカでは医師のコロナワクチン接種が迅速に進んでいるというようなことが言われます。 その根拠となっていたものは、米国医師会(AMA) ...

[定期]アメリカの6月18日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 38万7087件、死亡例は 6113件に。12歳から17歳の有害事象報告が 7千件を超える

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 今回は 6月18日までの有害事象報告データです。 6 ...



アメリカ各地で多数の野鳥が「目が見えなくなり死亡する」という事象が続いている。原因は不明だけれど、もしかすると……

sott.net   過去1ヵ月ほど、アメリカの各地で、「野生の鳥が失明した状態で大量に死亡している」ということが続いています。 最初に報道されたのは、5月下旬で、アメリカのワシントン D. ...

[定期]アメリカの6月11日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 35万8379件、死亡例は 5993件に。15歳から16歳の 7人が死亡

2021/06/19    , ,

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 今回は 6月11日までの有害事象報告データです。 6 ...



米ファイザー社の子どもへの臨床試験で「 8ヶ月の赤ちゃん」に mRNAコロナワクチンが接種される

2021/05/18    , ,

  以下の記事で、米ファイザー社が、12歳未満の子どもたちへのコロナワクチン臨床試験を開始していることを取り上げたことがあります。 アメリカで12歳未満の子どもたち数千人が mRNAコロナワ ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.