「異常な現象」 一覧

韓国でミツバチの大量死が続く中、ネオニコチノイド系農薬を禁止する法律が制定。しかし、彼らの大量死の原因はネオニコチノイドではないという現実がある

pctonline.com ミツバチの壊滅的な減少の理由 今に始まったことでもなく、世界のどこでもミツバチの大量死や大量失踪が見られているのですけれど、韓国でも著しいミツバチの大量死が起きていることを ...



ウクライナでついに「ほぼすべてのウクライナ人男性が徴兵される」新しい徴兵法が可決

兵役年齢の男性全員を動員へと 戦争の劣勢が明らかになると共に、ウクライナ政府は段階的に徴兵制の拡大を実施してきましたが、5月18日に可決されると見られる新しい「徴兵法」では、 「兵役に該当する年齢のほ ...

欧州医薬品庁がアストラゼネカのコロナワクチンの承認を撤回(今さらですが)。市場から完全に消えることに

indiatoday.in 現実的に需要ゼロの中で ヨーロッパの医薬品に関する最大の機関である欧州医薬品庁が、アストラゼネカ社のコロナワクチンの「承認を撤回した」という報道がなされています。 正確には ...



中国の科学者たちが、致死的な「変異エボラウイルス」を作成。しかも、バイオセーフティーレベル2の研究室でエボラを扱ったという…

きわめて高い致死率 中国の研究者たちが、「変異エボラウイルス」の作成に成功したことが中国の科学誌に掲載されていると、英デイリーメールが伝えています。 実験では、感染させられたハムスターのほとんどが死亡 ...

複数回のブースター接種を受けた人のコロナ感染リスクは「未接種者の2.5倍」であることを示した米国の論文

有効率23% アメリカの大病院クリーブランド・クリニックの研究者たちが、5万人近くにのぼるスタッフたちを対象として、新型コロナワクチンの「予防効果」についての大規模な研究を行いました。 論文はこちらに ...



「日本初の中絶薬の承認が日本の人口減少をさらに加速させる」という米サイトの意見記事。そして日本にも数多くの中絶推進団体があることを知る

2024/05/01    , ,

motherlandhospital.com 日本は国際機関から「もっと中絶を推進するように」と圧力をかけられている 少し前に、アメリカで「中絶により生まれてこなかった赤ちゃんたち」の数の状況に関して ...

カナダやシンガポールで2022年から「若い女性の死産率が急増」していることが判明

2024/04/29    

カナダ・アルバータ州の地元メディアの報道 stalbertgazette.com 各国で増え続ける「若い女性の死産」 カナダのアルバータ州の地元メディアが、「アルバータ州で若い女性の死産が著しく増加し ...



胃薬として広く処方されるプロトンポンプ阻害剤が、インフルエンザ、肺炎、新型コロナの発症リスクの上昇と関連しているという論文

tctmd.com 胃潰瘍や逆流性食道炎の「第一選択薬」 プロトンポンプ阻害剤(PPI)というのは、胃酸の分泌を抑制する薬で、逆流性食道炎や胃潰瘍、あるいは胃痛や胸やけなどに、日本でも海外でも広く処方 ...

サハラからの粉塵によりギリシャがオレンジ色に染まった…と思ったら、この粉塵は砂漠の砂ではなく「有害物質」である可能性が浮上

赤く染まった光景の中のパルテノン神殿 amazonios.net オレンジに染まったギリシャの各地 4月22日から 24日にかけて、ギリシャのほぼ全土で、「大気がオレンジ色に染まる」という現象が発生し ...



アメリカの「主要な死因トップ4」に、ひとつの企業による計画的妊娠中絶がランクイン。その死亡数の累積は1970年代から930万人に上る

2024/04/23    , ,

ひとつの家族計画企業による中絶による胎児の死亡数 アメリカ人の死因のトップは、最近はずっと心臓病とガンですが、死因の第4位に、家族計画を推進するアメリカの企業「プランド・ペアレントフッド社」の計画的妊 ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2024 All Rights Reserved.