これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 磁気嵐 」 一覧

巨大黒点群はその後の24時間で20回近くの太陽フレアとCMEを噴出。3月31日頃から、弱いながらも地球への磁気嵐の衝突が連続する見込み

  昨日の以下の記事で、非常に急速な勢いで、2つの太陽黒点群が成長していることにふれました。   [記事] 非常に巨大、かつ爆発的なエネルギー発生メカニズムを持つ黒点が地球に向いて ...



太陽で「Xフレア」が発生。日本時間の10月31日に G3の強い磁気嵐が地球に到達するとNASAは予測

2021/10/30    , ,

2021年10月28日のX1フレア。NASA、space.com   最近の太陽活動は以前の予想以上に増大していますが、10月28日、黒点領域 2887 から「Xフレア」が発生しました。 黒 ...

太陽フレアが、珍しい「太陽津波」を引き起こす。同じ黒点から数日中にXフレアが発生する可能性あり

spaceweather.com   太陽活動は全体としては活発ではない状態で推移していたのですが、8月26日に、黒点の活動領域 AR2859 が太陽フレアを発生させました。 この太陽フレア ...



太陽フレアの影響により、地球で過去2年で最強のG3級の磁気嵐が発生

2019/05/16    , , , ,

2019年5月14日の英国エクスプレスより ・express.co.uk   太陽活動極小期の異変 前回の以下の記事では、活動極小期の太陽で、複数の太陽フレアと、それに伴う CME (コロナ ...

「太陽活動極小期の磁気嵐」の中で世界中で出現するオーロラたち

2019年4月9日 ロシアのコミ共和国に現れた紫と黄色のオーロラ ・Igor Trier   先日、以下の記事で、久しぶりに太陽に巨大な黒点が発生して、現在、地球方向に向かって回り込んできて ...



太陽表面のコロナホールによる磁気嵐の中で世界各地に出現するモンスター的オーロラ

2019年3月1日 ノルウェー・トロムソで撮影された蛇的なオーロラ ・Eva Kristiansen   先日の以下の In Deep の記事で取りあげさせていただきましたが、太陽に、規模の ...

連日、磁気嵐に見舞われている2月の地球はオーロラが花盛り

2019年2月1日 アラスカ・フェアバンクスで撮影されたオーロラ ・ronnmurrayphoto.com   太陽活動の極小期へと向かっている現在、太陽活動そのものは、ほぼ静寂な状態なので ...



連続で太陽表面に「磁気を宇宙空間に噴出する」巨大コロナホールが出現。これによりまたも地球に磁気嵐が到来する予測

9月15日 新たに出現した巨大コロナホール ・SDO / AIA Sponsored Link   先日、太陽に出現した「磁気を外部へと開放する領域」である「コロナホール」と呼ばれる巨大な領 ...

太陽の巨大コロナホールによる磁気嵐が作り出した9月11日のオーロラたち。それはアメリカでも観測された

9月11日 フィンランド・セニヤで撮影された印象的なオーロラ ・Adrien Mauduit Sponsored Link   現在、太陽活動は大変に弱くなっていまして、以下の記事で述べさせ ...



太陽活動縮小期に「時期はずれの太陽フレア」が立て続けに発生し、今週の地球は時期嵐の真っ只中に

2018年2月12日に発生した太陽フレア(3時間の動きを短縮) ・spaceweather.com Sponsored Link   少し前に、 ・半年ぶりに「時期はずれの急激な黒点数の増加 ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.