これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 磁気嵐 」 一覧

太陽表面のコロナホールによる磁気嵐の中で世界各地に出現するモンスター的オーロラ

2019年3月1日 ノルウェー・トロムソで撮影された蛇的なオーロラ ・Eva Kristiansen   先日の以下の In Deep の記事で取りあげさせていただきましたが、太陽に、規模の ...



連日、磁気嵐に見舞われている2月の地球はオーロラが花盛り

2019年2月1日 アラスカ・フェアバンクスで撮影されたオーロラ ・ronnmurrayphoto.com   太陽活動の極小期へと向かっている現在、太陽活動そのものは、ほぼ静寂な状態なので ...

連続で太陽表面に「磁気を宇宙空間に噴出する」巨大コロナホールが出現。これによりまたも地球に磁気嵐が到来する予測

9月15日 新たに出現した巨大コロナホール ・SDO / AIA Sponsored Link   先日、太陽に出現した「磁気を外部へと開放する領域」である「コロナホール」と呼ばれる巨大な領 ...



太陽の巨大コロナホールによる磁気嵐が作り出した9月11日のオーロラたち。それはアメリカでも観測された

9月11日 フィンランド・セニヤで撮影された印象的なオーロラ ・Adrien Mauduit Sponsored Link   現在、太陽活動は大変に弱くなっていまして、以下の記事で述べさせ ...

太陽活動縮小期に「時期はずれの太陽フレア」が立て続けに発生し、今週の地球は時期嵐の真っ只中に

2018年2月12日に発生した太陽フレア(3時間の動きを短縮) ・spaceweather.com Sponsored Link   少し前に、 ・半年ぶりに「時期はずれの急激な黒点数の増加 ...



磁気嵐により世界中がオーロラに包まれた13日の金曜日

2017年10月13日 スウェーデン・アビスコの空 ・Oliver Wright 現在、太陽に黒点はなく「黒点0」の状態が続いているのですが、地球は今なぜか太陽からの磁気の影響を強く受けていまして、1 ...

特大の磁気嵐が地球各地にもたらしている壮絶なオーロラの数々の風景

9月28日 アラスカのフェアバンクス上空に出現したオーロラ ・Marketa Stanczykova Murray Sponsored Link   9月27日頃から現在まで、太陽のコロナホ ...



活動極小期に活発化する太陽がついにMクラスのフレアを噴出。7月16日頃に磁気嵐が地球に到来する予定

2017/07/15    , , , ,

7月14日に発生したM2.4の太陽フレア ・Spaceweather NASAの太陽観測衛星による撮影 ・NASA Sponsored Link 少し前に、 ・7月の「太陽サプライズ」 : 太陽活動極 ...

太陽からの磁気嵐が作り出したあまりにも鮮やかな「南半球のオーロラ」の極彩色の世界

5月28日 チリの南端ティエラ・デル・フエゴ島で撮影された数々のオーロラ ・vk.com ・vk.com Sponsored Link   5月28日頃からの太陽からのコロナ質量放出(CME ...



太陽から発せられたコロナ質量放出での磁気嵐により、北米大陸の広範囲に異様に鮮やかなオーロラが出現

カナダ・オンタリオ州で撮影されたオーロラ 5月28日 ・spaceweathergallery.com 5月25日頃からの太陽活動による CME (コロナ質量放出)によって、5月27日頃から、地球はか ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.