これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 磁気嵐 」 一覧

太陽フレアの影響により、地球で過去2年で最強のG3級の磁気嵐が発生

2019/05/16    , , , ,

2019年5月14日の英国エクスプレスより ・express.co.uk   太陽活動極小期の異変 前回の以下の記事では、活動極小期の太陽で、複数の太陽フレアと、それに伴う CME (コロナ ...



「太陽活動極小期の磁気嵐」の中で世界中で出現するオーロラたち

2019年4月9日 ロシアのコミ共和国に現れた紫と黄色のオーロラ ・Igor Trier   先日、以下の記事で、久しぶりに太陽に巨大な黒点が発生して、現在、地球方向に向かって回り込んできて ...

太陽表面のコロナホールによる磁気嵐の中で世界各地に出現するモンスター的オーロラ

2019年3月1日 ノルウェー・トロムソで撮影された蛇的なオーロラ ・Eva Kristiansen   先日の以下の In Deep の記事で取りあげさせていただきましたが、太陽に、規模の ...



連日、磁気嵐に見舞われている2月の地球はオーロラが花盛り

2019年2月1日 アラスカ・フェアバンクスで撮影されたオーロラ ・ronnmurrayphoto.com   太陽活動の極小期へと向かっている現在、太陽活動そのものは、ほぼ静寂な状態なので ...

連続で太陽表面に「磁気を宇宙空間に噴出する」巨大コロナホールが出現。これによりまたも地球に磁気嵐が到来する予測

9月15日 新たに出現した巨大コロナホール ・SDO / AIA Sponsored Link   先日、太陽に出現した「磁気を外部へと開放する領域」である「コロナホール」と呼ばれる巨大な領 ...



太陽の巨大コロナホールによる磁気嵐が作り出した9月11日のオーロラたち。それはアメリカでも観測された

9月11日 フィンランド・セニヤで撮影された印象的なオーロラ ・Adrien Mauduit Sponsored Link   現在、太陽活動は大変に弱くなっていまして、以下の記事で述べさせ ...

太陽活動縮小期に「時期はずれの太陽フレア」が立て続けに発生し、今週の地球は時期嵐の真っ只中に

2018年2月12日に発生した太陽フレア(3時間の動きを短縮) ・spaceweather.com Sponsored Link   少し前に、 ・半年ぶりに「時期はずれの急激な黒点数の増加 ...



磁気嵐により世界中がオーロラに包まれた13日の金曜日

2017年10月13日 スウェーデン・アビスコの空 ・Oliver Wright 現在、太陽に黒点はなく「黒点0」の状態が続いているのですが、地球は今なぜか太陽からの磁気の影響を強く受けていまして、1 ...

特大の磁気嵐が地球各地にもたらしている壮絶なオーロラの数々の風景

9月28日 アラスカのフェアバンクス上空に出現したオーロラ ・Marketa Stanczykova Murray Sponsored Link   9月27日頃から現在まで、太陽のコロナホ ...



活動極小期に活発化する太陽がついにMクラスのフレアを噴出。7月16日頃に磁気嵐が地球に到来する予定

2017/07/15    , , , ,

7月14日に発生したM2.4の太陽フレア ・Spaceweather NASAの太陽観測衛星による撮影 ・NASA Sponsored Link 少し前に、 ・7月の「太陽サプライズ」 : 太陽活動極 ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.