これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

太陽活動と宇宙 気になるニュース 異常な現象

連続で太陽表面に「磁気を宇宙空間に噴出する」巨大コロナホールが出現。これによりまたも地球に磁気嵐が到来する予測

投稿日:

9月15日 新たに出現した巨大コロナホール


SDO / AIA

Sponsored Link


 

先日、太陽に出現した「磁気を外部へと開放する領域」である「コロナホール」と呼ばれる巨大な領域が出現したことにより、太陽活動が弱い中にも関わらず鮮やかなオーロラが世界中で観測されたことを下の記事でご紹介しました。

太陽の巨大コロナホールによる磁気嵐が作り出した9月11日のオーロラたち。それはアメリカでも観測された

この時のコロナホールがまだ完全には消えていない中で、9月14日頃に「新たなコロナホール」が太陽に出現したのでした。

冒頭の写真がその様子ですが、コロナホールの領域は下の部分です。

9月14日頃に出現したコロナホール

SDO / AIA

前回出現したコロナホールと比較してみると、今回のほうがより大きなものであることがわかります。

下の写真が、前回の 9月6日頃から出現していましたコロナホールです。

9月6日頃に出現したコロナホール

SDO / AIA

以前、「…今、太陽に勃発し続けているきわめて異常な事態とは (In Deep 2018/05/11)」という記事において、

「最近のコロナホールの出現の頻度とその巨大さはかつてはなかったもの」

だということを記したことがあります。

ほんの数年前までは、このようなコロナホールは滅多に、あるいはほとんど出現しないものだったのに、今はこんなに連続して巨大なコロナホールが出現するということになっているのです。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の予報官によれば、このコロナホールにより地球に磁気嵐が発生する可能性が高く、強いものではないと予測されていますが、最大で下から2番目のレベルの G2 の磁気嵐になる可能性があります。

磁気嵐が発生するのは、日本時間では、9月17日から 18日にかけてだと思われますが、地上では特に影響はないでしょうが、宇宙空間や高緯度地域では影響があるかもしれず、また、オーロラも再び世界中で出現すると予測されます。

それにしても、巨大コロナホールがこれほどまでに連続して出現する原因は何なのでしょうかね。




-太陽活動と宇宙, 気になるニュース, 異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.