これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

太陽活動と宇宙 気になるニュース 自然の力

「太陽活動極小期の磁気嵐」の中で世界中で出現するオーロラたち

投稿日:

2019年4月9日 ロシアのコミ共和国に現れた紫と黄色のオーロラ


Igor Trier




 

先日、以下の記事で、久しぶりに太陽に巨大な黒点が発生して、現在、地球方向に向かって回り込んできていることを取り上げました。

活動極小期の太陽に久しぶりに「地球サイズ」の巨大な黒点が出現。これから地球方向に進んできます

この黒点が、地球にダイレクトに向くのは、あと 2、3日後くらいだと思われます。

いずれにしても、現在は太陽活動の極小期が進んでいまして、基本的には太陽フレアなどがない状態が続いています。

しかし、コロナホールといわれる磁気を噴出する太陽の領域が持続的に発生していることなどを含めて、太陽活動極小期であることと関係なく、地球には磁気嵐が常に押し寄せているような感じです。

そのような中で、地球に出現するオーロラも、太陽活動の大きな時とあまり変わらないような状況となっていまして、各地で美しい、あるいは示唆的なオーロラがあらわれています。

今回は、この2、3日の間に出現したオーロラをご紹介したいと思います。

ここからです。

 

2019年4月9日-10日に世界各地で出現したオーロラ

4月10日 カナダ・フォックスホールズで撮影されたオーロラ


John David McKinnon

4月8日 米アラスカ・フェアバンクスでのオーロラ


Bernard Marschner

4月9日 ノルウェー・トロムソのオーロラ


Marianne Bergli

4月10日 カナダ・マニトバのオーロラ


Donnan Lach

4月10日 カナダ・マニトバのオーロラ


Donnan Lach

4月8日 スウェーデン・アビスコ国立公園にて


Chad Blakley

4月10日 ノルウェー・トロムソのオーロラ


Ole Salomonsen

4月9日 ノルウェー・トロムソのオーロラ


Marianne Bergli

現在と同じような状況が今後も続きますと、太陽活動は弱いままでも、地球の磁気嵐は数多く発生していきそうで、オーロラ活動も今後も華々しく続きそうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-太陽活動と宇宙, 気になるニュース, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.