これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然の力

太陽表面のコロナホールによる磁気嵐の中で世界各地に出現するモンスター的オーロラ

投稿日:

2019年3月1日 ノルウェー・トロムソで撮影された蛇的なオーロラ


Eva Kristiansen




 

先日の以下の In Deep の記事で取りあげさせていただきましたが、太陽に、規模の大きなコロナホールが出現し続けています。

現在の太陽は「過去41年間で最も暗い状態」であることが判明。そして、今後もますます暗くなっていくと予測されます

そのため、地球が磁気嵐に見舞われることが多くなっていまして、太陽活動極小期にも関わらず、各地で壮大なオーロラが観測されています。

特に 3月に入ってからのオーロラは、やや暴力的ともいえる様相を呈していまして、壮大といえば壮大ともいえるものでもあり、ご紹介したいと思います。

太陽のコロナホールが完全に消失することがあまりない状況が続いていますので、このようなオーロラもまだしばらくは観測され続けそうです。

2019年2月28日-3月2日に世界各地で観測されたオーロラ

2月28日 ロシア・コストムクシャで撮影されたオーロラ


Victor Shishkin

2月28日 カナダで撮影されたオーロラ


fobosplanet

2月28日 デンマーク・イェリングで撮影されたオーロラ


Ruslan Merzlyakov

3月1日 ノルウェー・クバル島で撮影されたオーロラ


Horia Bogdan

2月28日 カナダで撮影されたオーロラ


fobosplanet

2月28日 ノルウェー・トロムソで撮影されたオーロラ


Explore the Arctic

3月1日 ノルウェー・トロムソで撮影されたオーロラ


Marianne Bergli

2月28日 カナダで撮影されたオーロラ


AT Frosted Lens cameraparka.com

美しいものもたくさんあるのですが、それと共に、形状がドラゴン的だとか蛇的なものだとか、あるいはモンスター的な様相を見せているものが多いような気がするのは、私だけですかね。

現在のような太陽の状態が続くのなら、このようなオーロラが、常時出現し続けることになると思われます。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.