これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「火山噴火と地震活動」 一覧

メキシコ南部でマグニチュード7.5の大地震。さらに巨大な地震は近づいているか

・6月23日 地震後のオアハカ州ワタルコの建物。anisanews.com   6月中旬から、世界各地で少しずつ大きな地震が増加していましたが、6月23日、メキシコのオアハカ州を震源とするマ ...



スウェーデンで同国史上最大の地震が発生

・M4.9の地震の震源となったスウェーデンのキルナ。 watchers.news   最近、世界中で、中規模程度の地震が増加していまして、世界のあらゆる地域でマグニチュード 5から 6程度の ...

中央防災会議の新しいシミュレーションは、富士山で噴火が発生した場合、わずか3時間で東京が麻痺する可能性を示した

・Giuseppe Milo [日報]2020年04月03日の新型コロナウイルスの感染状況 ※ 世界全体の感染確認数が100万を超える。 世界全体の感染確認数 101万3703人 (前日比 +7万85 ...



米国イエローストーン近くのアイダホ州で観測史上最大レベルとなるマグニチュード6.5の地震が発生

・イエローストーン火山観測所の発表を伝えるメディア。 watchers.news [日報]2020年04月02日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 93万4825人 (前日比 +7万 ...

トルコで41名の死者を出した大地震の際、震源地付近の川が真っ赤に変化していた

・Beautzche Channel   2020年1月25日、トルコのエラズーという場所で、マグニチュード 6.7の大地震が発生しました。この地震では、ビルなどの倒壊が発生したこともあり、 ...



トルコM6.8、アラスカM6.1、ソロモン諸島6.3。連日のように地球で発生しているマグニチュード6超の地震

・2020年1月25日 トルコ・エラズー県 fobos   1月24日から 27日までに、マグニチュード 6を超える地震が 3回発生しまして、ほぼ毎日のように大地震が起きている状況となってい ...

フィリピンのタール山に新たな大噴火が差し迫っている兆候。新しい亀裂が次々と発生し、地下から蒸気を噴出し続けている。すでに30万人が避難

2020年1月12日 タール山の噴火の中で ・Arden Pimentel   今年 1月12日に、フィリピンにあるタール山という火山が、 1万6700メートルにおよぶ噴煙を上げる巨大噴火を ...



南海トラフで観測史上初めてとなるスロースリップ(スロー地震)が観測される

・watchers.news   将来的に大地震の発生が懸念されている南海トラフですが、その場所において、「スロースリップ」あるいは「スロー地震」と呼ばれる現象が起きていたことが、東京大学と ...

フィリピンのタール火山の噴火で繰り返される「火山雷」の凄まじさ

・twitter   以下の記事などで、フィリピンのタール山の噴火について、その様相の凄まじさを記しました。 フィリピン・タール火山の噴煙17キロメートルに及ぶ、この世の終わりのような壊滅的 ...



独自の生態系を持つガラパゴス諸島のフェルナンディナ島の火山が噴火

・Galapagos National Park   世界中で次々と大規模な火山の噴火が発生しています。 1月12日には、フィリピンのタール山という火山が大噴火を起こしたことについて以下の記 ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.