これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 環太平洋火山帯 」 一覧

フィリピン・マヨン山が大噴火。噴煙は1万メートルに達し、当局は数日内のさらなる大規模な噴火を警告

2018年1月23日 噴火するフィリピン・マヨン山 ・meteoweb.eu ・thestar.com Sponsored Link   この数日、環太平洋火山帯の火山や地震などの活動が大変 ...



インドネシアのシナブン山で再び黙示録的な様相の噴火が発生

2017年12月27日 インドネシア・シナブン山 ・Powerful eruption records Mount Sinabung Volcano in Sumatra Sponsored Link ...

カムチャッカ半島で「名前のない火山」が15キロメートルの噴煙を噴き出す壮絶な大噴火を起こす

2017年12月20日のロシア「リア・ノーボスチ」の報道より ・ria.ru 名のない火山の噴火による壮絶な噴煙 ・emsd.ru Sponsored Link   12月20日、カムチャッ ...



「メキシコ富士」と呼ばれるポポカテペトル火山が「一日200回以上の噴火」を起こすほど活動が激化

11月10日のポポカテペトル火山の大噴火 ・RCM 11月6日のメキシコの報道 ・excelsior.com.mx Sponsored Link   最近活動が大きくなり続けていた感のあるメ ...

「15年間続く噴火」が激化し始めた南米エクアドルのレベンタドール火山のモンスターのような噴煙

2017年10月30日 首都キト近辺から見たレベンタドール山の噴火 ・Dylan Zambrano Sponsored Link   南米エクアドルの首都キト近郊にあるレベンタドール火山が、 ...



激しい噴火が続くインドネシアのシナブン火山が作り出す「この世のものとは思えない」光景

2017年10月17日夕方のインドネシア・シナブン火山 ・Endro Lewa Sponsored Link   今年の8月上旬に大きな噴火を起こして以来、頻繁に噴火を繰り返すインドネシアの ...

日本、インドネシア、南米…。顕著になってきた環太平洋火山帯の火山活動の過激化

2017年10月13日のAPより ・AP News ※写真の火山は左から新燃岳(日本)、アグン火山(インドネシア)、モナロ火山(バヌアツ)となります。   9月の後半あたりから環太平洋火山帯 ...



環太平洋火山帯での噴火数が近年最高レベルに。そしてさらに多くの火山で噴火の徴候が増加中

10月6日時点で噴火している世界の火山 ・volcanodiscovery.com 噴火するインドネシア・シナブン火山 10月4日 ・vk.com Sponsored Link   世界各地 ...

この世のものとは思えない終末的な噴火を繰り返し始めた桜島。今年の噴火数は70回を超える

9月29日の桜島の噴火の様子 ・asahi.com 今年の8月中旬以来、活溌な火山活動が続いている鹿児島県の桜島の活動が激しくなっています。 最近では 10月1日に非常に激しい噴火を起こしています。上 ...



インドネシア・バリ島で火の神の山と呼ばれるアグン山で「大量の鳥が突然空から落ちてきた」

50年ぶりの噴火が予想されているアグン山の活動との関係は? 9月26日のインドネシアの報道より ・jabar.tribunnews.com 延々と地面に転がる死亡した鳥たち ・facebook.com ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.