これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 太陽フレア 」 一覧

過去数年間で最も巨大な太陽黒点が出現

2022/10/03    , ,

  過去数年で最大の黒点群 昨日 10月2日、太陽で「 X フレア」が発生しました。 X級の太陽フレアが発生 このフレアを発生させたのは、黒点 3110 という現在、右側のほうにある黒点群で ...



太陽でX2.2フレアが発生。地球には直接面してはいないながら、アジア全域で短波無線がブラックアウト。そして太陽活動はさらに激化中

NASA   4月20日、太陽で Xフレアが発生しました。 規模は、X 2.2 で、大きな Xフレアではないですが、3月31日に以下の記事で取りあげました X 1.8の太陽フレアより規模が大 ...

巨大黒点群2975からXフレアが発生。南米と北米の短波無線がブラックアウト

2022/03/31    , ,

日本時間3月31日早朝、黒点群 AR2975から噴出した X1.8フレア。 spaceweather.com   最近、以下の記事などで 2つの巨大な黒点群のことを何度か取り上げていました。 ...



巨大黒点群はその後の24時間で20回近くの太陽フレアとCMEを噴出。3月31日頃から、弱いながらも地球への磁気嵐の衝突が連続する見込み

  昨日の以下の記事で、非常に急速な勢いで、2つの太陽黒点群が成長していることにふれました。   [記事] 非常に巨大、かつ爆発的なエネルギー発生メカニズムを持つ黒点が地球に向いて ...

非常に巨大、かつ爆発的なエネルギー発生メカニズムを持つ黒点が地球に向いてきた

  数日ほど前に、太陽の東側に「非常に大きな黒点」が見えてきていました。 以下は、3月24日のスペースウェザーの記事からの写真です。 2022年3月23日に見えてきた黒点 spaceweat ...



太陽で長さ40万キロメートル以上におよぶ記録的なコロナ質量放出(CME)の大爆発が発生。幸い地球の方向には向いておらず

spaceweather.com   太陽活動が以前の専門家たちの予想以上に活発化していることは、以下の記事など何度か取り上げてきました。 太陽活動が異様に早い段階で活溌化していることに疑問 ...

太陽で「Xフレア」が発生。日本時間の10月31日に G3の強い磁気嵐が地球に到達するとNASAは予測

2021/10/30    , ,

2021年10月28日のX1フレア。NASA、space.com   最近の太陽活動は以前の予想以上に増大していますが、10月28日、黒点領域 2887 から「Xフレア」が発生しました。 黒 ...



太陽フレアが、珍しい「太陽津波」を引き起こす。同じ黒点から数日中にXフレアが発生する可能性あり

spaceweather.com   太陽活動は全体としては活発ではない状態で推移していたのですが、8月26日に、黒点の活動領域 AR2859 が太陽フレアを発生させました。 この太陽フレア ...

太陽で4年ぶりに「Xフレア」が発生。それは「認識されていない黒点が突然爆発する」という過去にはない奇妙なフレア

spaceweather.com   昨年秋に、以下の記事にありますように、 NASA が、「新しい太陽活動周期が始まった」と発表して以来、弱い活動ながらも、太陽は極小期から次第に黒点活動期 ...



地球の方向を完全に向いている巨大な太陽黒点AR2738の中に発生している「謎の光のライン」

2019/04/14    , , , ,

2019年4月14日 地球の方向に回ってきた黒点AR2738 ・NASA / SDO   以下の2本の記事で取りあげさせていただいていた「太陽活動の極小期に発生した巨大黒点」は、日本時間の ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.