これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 地震 」 一覧

イタリア中部地震の余震回数が2カ月で「17000回」に達する

・earth-chronicles.ru   今年8月24日にイタリア中部で発生し、300名近くの犠牲者を出したマグニチュード 6.2の地震から2カ月が経ちました。 この地震は、イタリア国家 ...



南極圏のサウスサンドウィッチ諸島で「3つの火山」が同時に噴火(観測史上初めての噴火の可能性)

2016年10月6日のニュージーランドの報道より ・Zee News 南極の領域にあるサウスサンドウィッチ諸島で「3つの火山が同時に噴火する」光景が、地球観測衛星アクア(Aqua)により観測されたこと ...

ルーマニアの大地震のサイクルは30〜50年間隔:1977年のルーマニア地震(M7.2)の記録から思う現在のヨーロッパ

1977年のルーマニアの地震で倒壊したビル ・vk.com テレビのニュース映像より ・Cutremur 1977 strong Earthquake 7.2 richter scale Live r ...



地震がほぼない東欧で続く地震。ルーマニア震源の地震では、ウクライナで過去214年で最大の揺れを記録

2016年9月24日のルーマニアの報道より ・evz.ro   ふだんは、ほとんど起こらないといっていいほど地震が発生することはない東欧地域で 9月20日過ぎから各地で地震が発生しています。 ...

イタリア中部地震:発生後10日目にして余震の数が「5000回」を超える

2016年9月5日のイタリアの報道゛より ・ilmattino.it   イタリア中部で 8月24日に発生したマグニチュード 6.0 (USGS では 6.2)の地震は、規模から考えると非常 ...



イタリア中部地震の大惨事から見る「耐震概念のない場所」での中規模地震の意味

地震で破壊されたイタリア中部アマトリーチェの街 ・people.com イタリア中部で、ノルチャという場所が震源のマグニチュード 6.2の地震が発生しました。 日本などの感覚でいえば、マグニチュード ...

オーストラリアの異変 : 内陸部で30日間で30回以上の群発地震が続いている

2016年7月29日のオーストラリアの報道より ・Australian Geographic   今年 5月に、 ・極めて地震の少ないオーストラリアでマグニチュード6.1の地震 2016/0 ...



韓国で観測史上36年ぶりの規模となるマグニチュード5の地震が発生。その前日には鹿児島県のトカラ列島で謎の群発地震

2016年7月4日の韓国メディアより ・yonhapnews.co.kr 7月5日に、韓国の釜山沖を震源とする地震がありました。この地震は、マグニチュードが 5.0ということで、地震の非常に少ない韓国 ...

極めて地震の少ないオーストラリアでマグニチュード6.1の地震

2016年5月20日のオーストラリアの地震の震源 ・オーストラリア地球科学機構   地震という自然現象は、頻繁に発生する場所と、ほとんど発生しない場所がはっきりとしていて、基本的にプレート境 ...



台湾東部の群発地震は4日目に : それは九州の地震とよく似た「3つの違う震源がそれぞれで揺れ続けている」タイプの地震

・台湾中央気象局   台湾東部の花蓮県というところの近海で、4月27日から 28日にかけて、最大マグニチュード 5.5の地震をはじめとして、地震が頻発したのですが、4月30日になっても、それ ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.