これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然災害

イタリア中部地震 : 余震の回数が「5万回」を突破

投稿日:

[イタリア中部地震の余震に関する過去記事]

2016年10月23日 イタリア中部地震の余震回数が2カ月で「17000回」に達する
2017年01月23日 イタリア地震の2016年8月からの余震の数が「4万8000回」を超える

ibtimes.co.uk

昨年 8月24日にイタリア中部で発生した地震の余震(すでに余震という言い方もできなくなっている面はありますが、便宜上このように記します)の数が、2017年2月3日の時点で、52,700 回に達したことが、イタリア国立地球物理学火山学研究所(INGV)のプレスリリースで発表されていました。

2017年2月3日のINGVのリリースページより
Sequenza in Italia centrale: aggiornamento del 3 febbraio ore 11.00
 
Sponsored Link


 

2016年8月24日の地震から約半年で 52700回ということは、大ざっぱに計算すると、それ以来、イタリア中部では「毎日 300回ほどの地震が起きている」ということになりそうです。

この場所は、歴史的に見れば、何度かの大きな地震があった場所とはいえ、直近では 8月24日までは「まったく地震がなかった」ことが当時の地震分布グラフからわかっていまして、2016年の8月を境に、何もかもが変わってしまった感があります。

下の図は、2016年8月24日から地震が発生した場所の「累計」図です。

・INGV

昨年の2度の大地震の震源を示した地図とあわせますと、下のようになります。

2つ大地震の震源を取り囲むように、もはや余震といっていいのかどうかわからないような非常に活溌な地震活動が継続していることがわかります。

少し前まで、この被災地は、余震だけではなく、大雪にも見舞われていました。基本的に復旧が進んでいない被害家屋などが雪に覆われる光景が広がっています。

被災地アマトリーチェの1月

ibtimes.co.uk

今後のことはわからないですが、余震の数や規模などがなかなか収まっていないということは、その活動もまだ継続している可能性が強いのかもしれません。

火山活動のことなどを含めて、イタリアは、地質的に注目される場所となりつつあります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.