これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 スパイクタンパク質 」 一覧

小児の「原因不明の重症肝炎」の報告が世界十数カ国に拡大。子ども1人の死亡が確認される

  少し前に、イギリスとヨーロッパで「原因不明の幼児と子どもの重症肝炎」が、次々と報告されているということを以下の記事で取りあげました。   [記事] アメリカとヨーロッパで不可解 ...



アメリカとヨーロッパで不可解な「幼児と子どもの重症肝炎」が多数発生中 (原因は間違いなくアレ)

  アメリカとヨーロッパで、 「原因不明の幼児と子どもの重症肝炎」 が複数発生していて、原因を調査中であることが米国 NBC ニュースが報じていました。 一般的な肝炎の原因であるウイルス(A ...

2020年12月以降、ドイツとオーストリアで60歳未満の健康で若い市長たちが「15人連続で突然死」していることが判明。原因は不明ながら……

  2020年12月といえば、欧米の多くでコロナワクチンの展開が開始された時期ですが、それとは関係ない話として、「偶然」その時期から起きているドイツとオーストリアの不思議な報道を読みました。 ...



フランスで「46の突然変異部位」を含む変異を遂げたコロナ株の検出が論文で発表される。デルタやオミクロンより毒性が高い模様

  新型コロナの変異はもともと非常にそのスピードが早いものでしたが、現在のさまざまな状況からは、そのスピードはさらに早まると思われています。 さまざまな状況とは、つまり接種者の増加と自然の感 ...

米コロンビア大学の研究でコロナ感染の回復者の「精液にコロナウイルスが存在する」ことを確認し、精子の数、運動が極端に少ないことが見いだされる

  コロナが女性の生殖機能に影響を与えることは比較的はっきりしているのですが(この記事など In Deep に多数あります)、男性の生殖機能については、強く影響を与える可能性はこれまで示され ...



ドイツの研究で「タンポポの葉の抽出物」が多くの変異種コロナのスパイクタンパク質をブロックすることが突き止められる。ワクチンによるスパイクタンパク質にも有効か

Taraxacum officinale いわゆる、どこにでも咲く普通のタンポポです。   ドイツのフライブルク大学医学部の研究者や、ミュンヘン工科大学食品化学・分子感覚科学研究所の研究者が ...

[定期]アメリカの5月28日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 29万4801件、死亡例は 5165件。十代の重篤な有害事象報告が劇的に増加

childrenshealthdefense.org   米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 ...



[定期]米CDC有害事象報告システム(VAERS)データ。3月19日の時点までのワクチン接種後の報告数は4万4606件。死亡例は2050件 (前週より311例増加)

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 今回は 3月19日までの有害事象報告データです。 3 ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.