これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「動物の異常」 一覧

イナゴ被害がアフリカ東部で壊滅的な規模に拡大。「過去70年間、このような光景は見たことがない」

AFP via telegraph.co.uk   東アフリカでは昨年、かつて経験したことのない規模のイナゴ(サバクトビバッタ)の大群の被害に見舞われました。そして、今年 2021年もまた、 ...



南米チリ中部の海岸で「数百万匹」に達する黙示録的な魚の大量死が発生

2021年2月3日 死亡した魚に覆い尽くされたチリ・ビオビオ州の海岸。 mercopress.com   海での生物の大量死は、この数年かなり頻繁に起きていますが、2月2日に、南米チリの海岸 ...

2021年も大規模なイナゴ(サバクトビバッタ)の大群が東アフリカで大発生しており、アジアに向かって移動中。またも史上空前の殺虫剤散布が…

agrictoday.com.gh   昨年の今頃は、中国での新型コロナウイルスの感染が拡大していたと同時に、アフリカ、中東、そしてパキスタンなどの東アジアで、イナゴ(サバクトビバッタ)の歴 ...



鳥インフルエンザの歴史的流行の中、韓国で610万羽の鳥が殺処分。日本での感染拡大も過去最悪を更新し、殺処分数は300万羽に

2020年11月5日 四国三豊市 Kyodo/via REUTERS   高病原性鳥インフルエンザの流行が過去最悪の規模で拡大しており、世界中でかつてないほどの数の鳥たちが殺処分され続けてい ...

鳥インフルエンザの異例な爆発的流行により、日本での鶏の殺処分数が過去最大の250万羽に達する。シーズンはまだ始まったばかり…

・Asahi Shinbun   数日前に、世界の各地で、過去に見られないような鳥インフルエンザの激しい流行が起きていることを以下の記事で取りあげました。 世界的単位で見れば「意味がない鳥イ ...



世界的単位で見れば「意味がない鳥インフルエンザでの殺処分」。しかし、世界の鳥インフルエンザでの殺処分数はすでに数百万羽規模に

2015年、米アイオワ州では2700万羽の鶏が殺処分されました。立ち尽くす養鶏家。indystar.com   何というかこう、感染症が流行し始めると、 「とにかく動物を殺せばいい」 という ...

殺されまくる動物たち : ヨーロッパ、ロシア、イスラエル、日本などで高病原性鳥インフルエンザの拡大に伴い、数十万羽の鶏が殺処分。デンマークのミンクの殺処分は1500万匹に拡大

2020/11/07  

11月5日 香川県三豊市の養鶏場に向かう関係者。その後33万羽が殺処分 ・kyodonews.net 季節が過ぎるのも早いもので、ふと気付くと、鳥インフルエンザのシーズンとなっていまして、最近の状況を ...



新型コロナワクチン製造に必要なスクアレン確保のために「絶滅種のサメ50万匹が殺される」ことが判明

・Will 500,000 Sharks Be Slaughtered for a COVID-19 Cure?   新型コロナウイルスのワクチン開発が各国、各社で進んでいますが、コロナだけ ...

オーストラリアで史上最悪のクジラの大量死。500頭近くが座礁し、そのほとんどが死亡

・オーストラリア・タスマニアのビーチでクジラを救助するボランティアたち。BFM News   オーストラリアのタスマニアで、記録として過去最悪のクジラの座礁が起きています。 英国 BBC の ...



「携帯電話の電磁放射が昆虫の大量死を引き起こしている可能性」をドイツ最大の自然保護団体の研究が示唆

2020/09/20    , , , , , ,

・earth-chronicles.ru   世界中で、昆虫の数が著しく減少していることは、In Deep の以下の記事などで、何度か取り上げたことがありました。 地球上の昆虫の減少が「カタ ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.