これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「パンデミック」 一覧

アメリカで「ウサギの致命的な出血性ウイルス」が拡大しており、全米のウサギが絶滅に至る可能性も

・ABC   人間社会でも感染症がいろいろと拡大していますが、アメリカで「ウサギの致命的な感染症」が拡大していることが報じられています。そのウイルスは、ウサギ出血性ウイルスというもので、感染 ...



中国吉林省で感染拡大し、武漢に続く大規模ロックダウンが始まる。広東省、黒竜江省なども続いて封鎖されるという憶測も

5月13日の中国語報道より ・大紀元   中国の武漢が、2ヶ月半に渡って続いた都市封鎖(ロックダウン)を解除されたのは 4月8日でしたが、それから 1ヵ月ほど過ぎた 5月13日、今度は、北朝 ...

観光が崩壊したハワイの失業率が37%に達する

・dailymail.co.uk   ロックダウンの影響を最初に大きく受けたのは観光と飲食業ですが、地域の多くがそれらの経済に関係している場所では、非常にダメージが大きくなっているようです。 ...



実質的にロックダウンを行わなかったチェコ共和国は、あっという間に新型コロナウイルスの流行が終焉し、社会はすでに正常に

5月7日 チェコ共和国オロモウツの公園の屋台でビールを楽しむ人々。 ・euronews.com   最近、チェコ共和国が、過去 500年で最悪の干ばつに直面しているという報道を目にしまして、 ...

もう何が起きているのやら:世界中で「空から燃えながら落下する物体」が出現し続けている。通常だと隕石か飛行機雲なのですが、これらは…

2020年4月に世界各地で撮影された「飛行機雲のような」現象 ・earth-chronicles.ru   この 4月、「飛行機雲あるいは隕石による火球のように見えるけれど、何だか少し違う」 ...



恐いのは何? : イギリスではインフルエンザによる死者が新型コロナウイルスの死者より3倍多くなっている。アメリカでは、50歳未満のコロナでの致死率は0.001%程度であることも判明

・summit.news   最近のあらゆるデータは、新型コロナウイルスが「風邪より軽い病気」であることを示しますが、そんな病気による集団ヒステリーが続いています。 そして、最新のふたつのデ ...

東アフリカから中東で続く大雨と洪水の中でイナゴの孵化がさらに活発化。第二波は前回の数十倍の規模になる可能性がある

・国連難民高等弁務官事務所のツイートよりイエメンのアデンの光景。UNHCR   東アフリカと中東の各地が、この2週間ほど、大雨と洪水による激しい気象に見舞われています。 アフリカでは、ジブチ ...



米国の新型コロナウイルスの感染数は「公式の数値より50倍から80倍高い可能性がある」と大規模な抗体検査を行った米スタンフォード大学の研究者が述べる

・AP   アメリカでの感染拡大が収まるところを知りません。4月18日までの時点で、公式な発表では、感染確認数が 71万人を超え、死亡者数は 3万7000人を超えています。 これだけでもかな ...

世界最大の面積を持つロシアで、全85の連邦区のうちの84区に新型コロナウイルスの感染が広がり、広大なロシアのほぼ全土に流行が拡大

・Pravda   ロシアでも、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、4月16日のロシアのプラウダは、世界最大の国土面積を持つロシアでも、ついに 1つの行政区分以外のすべての地区に感 ...



ミャンマーのコウモリから、これまで検出されたことのない6種の未知のコロナウイルス株が発見される

・Smithsonian National Zoo   米スミソニアン保全生物学研究所が、「ミャンマーのコウモリから、新しい未知のコロナウイルス 6株が発見された」と報じました。これらのコロ ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.