これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「疾病と感染症」 一覧

ベルギー政府から国民に支給された1500万枚のマスクに有毒なナノ粒子(二酸化チタン)が含まれている可能性があるとして、使用しないように公衆衛生研究所が警告

RT   日本ではかつて政府から支給される形で、全国民にマスクが配布されましたが、ベルギーでも、2020年に政府からすべての国民( 1150万人)に対してマスクが支給されたことがありました。 ...



アメリカでのコロナワクチン接種後の死亡事例のいくつかの詳細

The Defender   定期的にアメリカでのファイザーとモデルナのコロナワクチン接種後の CDC 有害事象報告システム(VAERS)からその数などをご紹介しています。 この報告は、全体 ...

アメリカ軍兵士の3分の1がコロナワクチンの接種を「拒否」していることが公式に確認される

Stars and Stripes   世界各国で、コロナワクチン接種が進んでおり、2月17日の時点で、全世界での接種数は 1億7000万回以上となっているとのことで、接種数で最も多いアメリ ...



[定期]米CDC有害事象報告システム(VAERS)のデータでは、2月12日の時点でのコロナワクチン接種後の死亡例は929件。また、妊娠中の女性の接種者に胎盤の急速な石灰化の事例が発生

The Defender   米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータからの最新情報を定期的にご紹介していますが、最新のデータである 2 ...

コンゴ民主共和国でペストが拡大。数百の症例と31人の死亡事例。患者の平均年齢は「13歳」と若年層に集中

マスクをつけてパトロールをするコンゴ民主共和国の警官隊 hram.org   いろいろと病気の時代ではありますが、アフリカのコンゴ民主共和国の保健当局が、同国での「ペストの蔓延」を報告してい ...



インドネシアの首都でコロナワクチンが義務化され「接種拒否者に罰則」を適用。高額な罰金が課され、社会扶助制度の使用も停止される

Vaccines Become Mandatory in Indonesia   インドネシアの首都ジャカルタで新型コロナウイルスワクチンが「義務化」され、接種拒否者は、罰金および公共サービ ...

[定期]米CDC有害事象報告システム(VAERS)のデータでは、2月4日の時点でのコロナワクチン接種後の死亡例は653件、有害事象全体は12,044件など

653 Deaths + 12,044 Other Injuries Reported   定期的なご報告ということで、CDC (アメリカ疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システ ...



最新の米国CDCへの有害事象報告システムによると、1月29日の時点でのコロナワクチン接種後の死亡例は501件、有害事象全体は10,748件など。顔面麻痺が多発

501 Deaths + 10,748 Other Injuries Reported   少し前に、In Deep の以下の記事で、1月21日までの米国 CDC (アメリカ疾病予防管理セン ...

鳥インフルエンザによる大量殺がまたも始まる。スウェーデンで130万羽、日本でも140万羽が殺処分され、今シーズンの累計は世界で1000万羽を大きく超える

インドのニューデリーで公園の白鳥の殺処分作業を進める保健当局。 The Star   昨年 11月からの今シーズン、鳥インフルエンザの蔓延が繰り返し起きており、日本を含めて、世界中で「過去最 ...



中国北京の公園で鳥インフルエンザにより「三羽のブラックスワンが死亡」

北京の保護文公園「円明園」の国鳥。イメージ。yangtse.com   ブラックスワン(黒い白鳥)というと、いろいろな意味合いが感じられる存在ではありますが、黒鳥というものそのものは珍しいも ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.