これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 異常な現象 自然の力

10近くの「光の交差」が確認できる異様な太陽ハロが米ユタ州に出現

投稿日:

2018年11月25日 米国ユタ州ハンツビルのスキーリゾートにて


spaceweather.com




 

太陽ハロというのは、太陽の周囲に暈(かさ)がうつる光学現象で、この現象自体はありふれたものですが、「過去に見られたことがないほど複雑な様相」を呈する太陽ハロがアメリカのユタ州にあらわれました。

この太陽ハロで、光が反射している場所に数字をつけますと、以下のように、「少なくとも 9の光が交差している」ことがわかります。

下の写真は、別の角度からのものですが、光が複雑に交錯している様子が撮影されています。


spaceweather.com

この光景は、ユタ州ハンツビルにあるスキー場で撮影されたものだそうで、投稿した方によりますと、

「このハロが出現した時には、人工の雪を製造する機械が稼働していた」

のだそうで、写真を掲載していたスペースウェザーの記事によれば、人工降雪機を使用した場合は、非常に特殊なタイプの雪と氷が空中に作り出されるために、このような複雑な光学現象が起きやすいのだとか。

それにしても、この1年くらいは「非常に複雑な太陽ハロ」が頻繁に出現している時期でもあります。

この1年くらいの間にご紹介した世界中の「複雑なハロ」を振り返っておきたいと思います。

 

2017年11月から2018年11月くらいまでに出現した複雑な太陽ハロ

2018年9月 カナダ・イエローナイフ

北極圏イエローナイフに出現した美しくも極めて複雑な驚くべき太陽ハロ

2018年2月 ポーランド・タトラス

…多発する幻想的な太陽の「ハロ」

2017年12月 カナダ・マニトバ

ギリシャとカナダの奇跡の光景…

2017年11月 チリ・アントファガスタ

チリ北部の沿岸に出現した幻日や「三重のハロ」が…

2017年12月 米国モンタナ州ホワイトフィッシュ

ロシアとアメリカに出現した複雑な太陽光学現象

大気の状態や大気中の粒子の構成などが複雑でなければ、こういうような現象は起きないようにも思いますし、いろいろと複雑化しているのですかね。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-奇跡の光景, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.