これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 異常な現象 自然の力

10近くの「光の交差」が確認できる異様な太陽ハロが米ユタ州に出現

投稿日:

2018年11月25日 米国ユタ州ハンツビルのスキーリゾートにて


spaceweather.com




 

太陽ハロというのは、太陽の周囲に暈(かさ)がうつる光学現象で、この現象自体はありふれたものですが、「過去に見られたことがないほど複雑な様相」を呈する太陽ハロがアメリカのユタ州にあらわれました。

この太陽ハロで、光が反射している場所に数字をつけますと、以下のように、「少なくとも 9の光が交差している」ことがわかります。

下の写真は、別の角度からのものですが、光が複雑に交錯している様子が撮影されています。


spaceweather.com

この光景は、ユタ州ハンツビルにあるスキー場で撮影されたものだそうで、投稿した方によりますと、

「このハロが出現した時には、人工の雪を製造する機械が稼働していた」

のだそうで、写真を掲載していたスペースウェザーの記事によれば、人工降雪機を使用した場合は、非常に特殊なタイプの雪と氷が空中に作り出されるために、このような複雑な光学現象が起きやすいのだとか。

それにしても、この1年くらいは「非常に複雑な太陽ハロ」が頻繁に出現している時期でもあります。

この1年くらいの間にご紹介した世界中の「複雑なハロ」を振り返っておきたいと思います。

 

2017年11月から2018年11月くらいまでに出現した複雑な太陽ハロ

2018年9月 カナダ・イエローナイフ

北極圏イエローナイフに出現した美しくも極めて複雑な驚くべき太陽ハロ

2018年2月 ポーランド・タトラス

…多発する幻想的な太陽の「ハロ」

2017年12月 カナダ・マニトバ

ギリシャとカナダの奇跡の光景…

2017年11月 チリ・アントファガスタ

チリ北部の沿岸に出現した幻日や「三重のハロ」が…

2017年12月 米国モンタナ州ホワイトフィッシュ

ロシアとアメリカに出現した複雑な太陽光学現象

大気の状態や大気中の粒子の構成などが複雑でなければ、こういうような現象は起きないようにも思いますし、いろいろと複雑化しているのですかね。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.