これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 自然の力

ギリシャとカナダの奇跡の光景:「虹と後光」の同時出現、そして「三重のハロと幻日」の同時出現

投稿日:

2017年12月29日 カナダ・マニトバの複雑に重なる太陽のハロ

COMPLEX HALO OVER CANADA

2017年12月29日 ギリシャ・ロデス島の虹と反薄明光線の同時出現

Steve Kesedakis

Sponsored Link


 
2017年も、あと2日ほどとなりましたが、昨日、カナダとギリシャで滅多に見られることのない、珍しく美しい光景が撮影されていましたので、特につながりはないですけれど、同時にご紹介したいと思います。

カナダののものは、いわゆる太陽のハロ(暈)で、それ自体は珍しいことではないのですが、12月29日にカナダのマニトバで撮影されたこのハロは、いくつもの円が複雑に重なり合うように見える上に、左右には「幻日(げんじつ)」と呼ばれる光学現象も組み合わさったものだと思われる不思議な現象となっていました。

12月29日 カナダ・マニトバの光

vk.com

カナダ・マニトバの場所
Google Map

 

そして、ギリシャのロデス島という風光明媚な島では、太陽と正反対の方向にのびる後光で、「反薄明光線」と言われる光学現象と、虹が同時に出現するという、これも大変に珍しい光景が見られていました。

 

12月29日 ギリシャ・ロデス島にあらわれた反薄明光線

Steve Kesedakis

その横に出現していた虹

Steve Kesedakis

ギリシャ・ロデス島の場所
Google Map

反薄明光線は、その発生条件が非常に限られているため、見ること自体が難しいのですが、それに加えて、反薄明光線は「太陽と反対の方向」に出現するところを、このように虹と並んで目撃されたというのは不思議な感じです。

今年 2017年は、特に「空」にいろいろ美しかったり恐ろしかったりする光景や、あるいは不思議な光景が世界中にたくさんあらわれましたけれど、それらを思い出させてくれるような光景でもありました。

そしておそらくは、来年も空の光景はさらにいっそう激しいものとなるものと思われます。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.