これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 異常な現象

ロシアとアメリカに出現した複雑な太陽光学現象

投稿日:

2017年12月7日 米国モンタナ州ホワイトフィッシュにて

spaceweather.com

Sponsored Link


 

前回の記事、

ロシア各地に時期の早い「光柱」が出現中

では、大気中の氷の結晶に光が反射して発生する「光柱」がロシアで多数出現していることについて書かせていただきましたが、やはり大気中の氷の結晶が作り出す光学現象に「太陽のハロ(暈)」があります。

ごく一般的な「ひとつの輪が太陽を囲むように出現する」というものは、かなり普通に見られるものですが、これがいろいろと複雑なフォーメーションを見せることが稀にありますが、最近の数日で、ロシアとアメリカでそれぞれ非常に珍しいハロが出現していました。

冒頭のアメリカのホワイトフィッシュに現れたものは、何がどういう構成になっているのだかわからないほど光学現象が複雑に、しかし整然と入り乱れています。

モンタナ州ホワイトフィッシュの太陽のハロ

spaceweather.com

ハロの両端には幻日と呼ばれる太陽の光学現象が出ていて、その大きなハロの下にも、何らかの光学現象が起きていて、かなり不思議な状態となっています。

さらに別の写真では、大きなハロの真「上」にも光が弓形の形を描いていたりもします。

spaceweather.com

そして、12月7日には、ロシア・タタルスタン共和国のインノポリスという街でも何とも複雑なハロが出現していました。

2017年12月7日 タタルスタン共和国インノポリスにて

Kamila Iskhakova

Kamila Iskhakova

ロシアのインノポリスと米国のホワイトフィッシュのの場所

このロシアの現象は、ハロなのかどうかよくわからないですが、太陽の光による光学現象ではありそうです。

何かこう「光が上へと噴き出している」というような情感も湧かなくもない素敵な光景ともいえます。

Kamila Iskhakova

この際のロシアとアメリカのどちらにも通じているのは、「気温が非常に低かった」ということで、極めて低い気温がこのような複雑な光学現象を作り出したということになりそうです。

気温が非常に低いということはいろいろと大変な面もあるのですが、光景に関しては、特に光や氷の現象で美しいものが生まれやすい条件でもあります。

そういう意味では、今年は美しい現象をまだまだ見られるのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-奇跡の光景, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.