地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

ロシア各地に時期の早い「光柱」が出現中

   

2017年12月10日 ロシア・ネネツ自治区

Daniil Ursaky

Sponsored Link


 

世界的に、この時期としては非常に低い気温を記録している国や地域が多くなっていますが、そんな中、ロシアではいくつかの場所で「光柱」が撮影されています。

光柱は大気中の氷の結晶にさまざまな光が反射して起きるもので、気温が極めて低いことに加えて、さまざまな条件が整わなければ出現しない比較的レアな現象です。

12月6日 ロシア・ムルマンスクの光柱

Instagram

ロシアなどでも、最も気温の下がる1月や2月にはしばしば光柱の出現が報じられることがありますが、12月の早い時期に出現するのは、なかなか珍しいのではないかと思われます。

まあ、ロシアでは、11月の終わりに「マイナス 60℃」などを記録した場所もありますし、今年は寒さの到来が例年以上に早いようです。

11月29日 ロシア・オイミャコンの「 -60℃ 」を示す気温計

Severe Weather EU

 

インスタグラムなど、ロシアの SNS に投稿されていた光柱の写真をご紹介いたします。中には、光とオーロラが同時に写真に映っている珍しいものありました。
 

2017年12月のロシアの「光柱」

12月10日 ネネツ自治区の光柱

Daniil Ursaky

Daniil Ursaky

 

12月6日 ムルマンスクの光柱

Instagram

 

12月6日 ムルマンスクの太陽の光柱とオーロラのシンクロ

Instagram

 

12月6日 ムルマンスクの光柱

Instagram

 - ミニ氷河期の到来, 奇跡の光景 , ,