これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然災害

ニュージーランド・ホワイト島の火山が突如噴火。噴火時に約100人の観光客が火口付近にいたことが確認される

投稿日:

2019年12月9日 突如噴火したニュージーランドのホワイト島

CNN




 

12月9日、ニュージーランド北部のプレンティー湾にある「ホワイト島」の火山が突如噴火しました。

ふだんのホワイト島

TORSTEN BLACKWOOD / AFP

ホワイト島の場所

Google Map

このホワイト島は、観光地としても有名な場所でもあり、毎年 1万人以上の観光客が訪れます。

報道によれば、今回の噴火の際にも「少なくとも 100人ほどの観光客が河口の付近を歩いていた」ことが確認されていて、その人たちの中の複数の人たちの安否がわかっていません。

ホワイト島の観光は、以下のように火口の中を歩くというかたちで行われるもののようで、おそらく今回の噴火には予兆がなかったと見え、警報などが出ることなく噴火してしまったようです。

通常のホワイト島での観光

dailymail.co.uk

現地の監視カメラには、河口付近を歩く複数の人たちが記録されています。

12月9日 噴火直前のホワイト島の監視カメラより

dailymail.co.uk

このような人たちが、100人ほどいたということですが、この中の複数と連絡が取れない状況となっているようです。

なお、このニュージーランド北部は、この2、3年、とても不安定な地質活動が続いていまして、2018年7月には、今回噴火したホワイト島の近くにあるワイオタプという場所において「泥火山の噴火」が起きています。

ニュージーランドのタウポ火山帯にあるワイオタプで「泥噴火」が発生。近くでは同国最大級のシンクホール事象が起きたばかり

また、ホワイト島自体でも、2016年には「河口にある湖が消滅した」ということが起きていました。

ニュージーランドの火山島ホワイトアイランドの火口にある湖が突然「消滅」。次の噴火の予兆の可能性

このときから、科学者は、「ホワイト島はいつ噴火しても不思議ではない状態」だと述べていたことが報じられていました。

それでも、観光はずっと続いていたようですね。

ニュージーランド当局は、観光客の安否確認と共に、科学者たちと今後のホワイト島の活動について状況を確認していくと発表しています。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.