これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

最期の食糧危機 洪水の時代 異常気象

オーストラリアのニューサウスウェールズ州で、大洪水のために農作物全体に記録的な損失

投稿日:2022年3月19日 更新日:

洪水で水没したニューサウスウェールズ州クラレンスバレーのサトウキビ畑

abc.net.au




 

最近、食糧のことを記事にさせていただくことがわりと多いのですが、最近、食糧の輸出を禁止、あるいは制限した国は以下のようになります。ブログ記事へのリンクです。

 

最近、穀物などの輸出を禁止・停止した国

ウクライナが、小麦を含む「すべての穀物の輸出を禁止」

ロシアが「小麦、大麦、トウモロコシなどのすべての穀物の輸出を禁止」

大豆の輸出量世界第1位のアルゼンチンが、大豆の輸出を停止

トルコ政府が食用油や穀物などの輸出を禁止

ベラルーシが小麦の輸出を禁止

 

また、ロシアとウクライナは肥料の輸出も禁止しています。

しかし、日本の場合は、食糧の多くを輸入している国のリストには以上のような国はありません。

たとえば、小麦でいえば、輸入先の多くは、

・アメリカ
・カナダ
・オーストラリア

ということになりますが、このあたりの国の今後の農作状況が悪い場合は、なかなか日本も厳しいことになる可能性があるのですが、最近、オーストラリアにお住まいになられている方から、

「オーストラリアでの洪水による農業被害がかなりひどい」

ということを教えていただきました。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州などで 3月初旬に洪水が起きていたことは、曖昧には知っていたのですけれど、改めて当地の報道を見て、「こんな被害になっていたのか」と驚きました。

作物によっては、洪水におそわれた地域の「すべての作物」の損失が発生した農家の方もいらっしゃるようです。

 

オーストラリアの農業がこの数年悩まされていたのは「干ばつ」だったのですが、今度は大洪水による農作物の損失であり、今後の気候次第なのでしょうけれど、やはりどうも食糧に関しては、輸入に依存している国は緊迫してきているというようには思います。

オーストラリアの洪水による農業被害について、オーストラリア ABC ニュースの報道をご紹介します。


ニューサウスウェールズ州北部の農家の人々は、広範囲にわたる洪水の後、「作物全体の損失」に直面している

Northern NSW farmers face total crop losses after widespread flooding
abc.net.au 2022/03/03


リッチモンド川の氾濫で水没したソルトスプレー農場

ニューサウスウェールズ州北部の作物農家は、洪水によって数百ヘクタールの大豆、米、サトウキビ、マカダミアの農場が完全に水没し、それらの作物「全体」が失われると予想している。

ノーザンリバーズの大豆農家への広範囲にわたる被害は、この業界にとって大きな懸念事項であり、多くの大豆農家がすでに全作物の損失を報告している。

フェアリーヒルで、大豆とコメを生産しているブレット・スレーター氏は、大きな打撃を受けたと述べたが、作物の被害の全容を評価するには時期尚早だという。

スレーター氏は、以下のように言う。

「大豆の成長はすべて異なる段階にあり、開花しているものもあれば、少し若いものもあります。この地域の成熟した作物を持っている人たちの場合は、事態を少し悪化させるでしょう」

 

マカダミア

オーストラリアのマカダミア協会の最高経営責任者であるジョリオン・バーネット氏は、この地域のマカダミア作物の何百万ドルもが失われたと語った。

「私たちはマカダミアの収穫を始めようとしているときでした。木の実は地面の木から落ちた状態で地面で収穫されます。ですが、すでに落ちた木の実はすべて洪水で失われました」

バーネット氏は、ノーザンリバーズの作物はオーストラリアの作物の約 36%を占めており、通常は 1億ドル以上の価値があると述べた。

「つまり、すでに落ちて流された作物が全体のわずか 10%であったとしても、それは 1,000万ドルの損失となったと言っても過言ではありません」

3つのマカダミア農場と 100,000本の木を管理しているロビー・コメンス氏は、彼の農場の大部分が水に飲み込まれていると言った。

「今すぐに水を排水する必要がありますが、今が収穫期であるため、今年はとても恐ろしい時期となりました」

「私たちは地面に成熟したナッツを持っていますが、それは今、泥で覆われているでしょう」

より多くのナッツを失うことを避けるために、コメンス氏の優先事項は、作物を収穫するために彼の機械を稼働させるか、可能であれば修理することだ。

 

コメ

ドライランドで稲作をしている農家であるスー・ヒギンソン氏は、リズモアの南のペリカンクリークの稲作全体が洪水に見舞われたと語った。

「私たちの作物はすべて完全に水没しています。数百エーカーの作物が水中にあります」

ヒギンソン氏は、彼女の育てた作物「全部」が破壊される可能性が高いと言う。

「作物は完全な種子段階ではなかったので、ある程度回復する可能性もありますが、最悪の事態に備えています」

「これは、この地域のすべての農家のビジネスに重大な打撃になるでしょう」

 

サトウキビ

クラレンスのサトウキビ栽培者協会とニューサウスウェールズ州サトウキビ栽培者評議会のロス・ファーロウ会長は、ニューサウスウェールズ州のサトウキビ栽培地域が洪水によって破壊されたと述べた。

「私たちは、サトウキビ栽培で主に 2年前の作付体系を持っており、2年前の作物は、頭を水から出して生き残ることができるので、あまり問題ないと思われます」

「若い作物の深刻な影響が出るのは来年になるでしょう」

しかし、ファーロウ氏は、そのような植物が持つ柔軟性にもかかわらず、サトウキビ作物は大規模に失われると予想していると述べた。

「農家は農場のサトウキビの 50%以上を失う可能性がありますが、私たちがそれを評価できるようになるまでにはしばらく時間がかかると思います」とファーロウ氏は述べた。







-最期の食糧危機, 洪水の時代, 異常気象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.