これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然の力 自然災害

インドネシアのソプタン火山が近年最大の噴火。噴煙の高さは7.5キロメートルに

投稿日:

2018年12月16日 7.5kmの高さの噴煙を上げるソプタン山


Gunung Soputan Meletus




 

今年 9月にインドネシアのスラウェシ島で、マグニチュード 7.6の地震が発生し、津波などにより、少なくとも1200名以上の方が犠牲となった災害がありました。

それについては、以下の記事などを含め、何度か取りあげさせていただいたことがあります。

インドネシア・スラウェシ島の地震と津波による死者数が「1200名」に達する。犠牲者の数は、さらに大幅に拡大する可能性
 アース・カタストロフ・レビュー 2018年10月2日

この大地震の直後に、同じスラウェシ島にあるソプタン山という火山が大噴火を起こしました。

それについては以下の記事でご紹介させていただいています。

大地震が発生したばかりのインドネシアのスラウェシ島で同島にあるソプタン火山が大噴火を起こす

ソプタン山の位置

Google Map

この時のソプタン山の噴火は、その時点では、近年で最大規模の噴火となり、噴煙の高さは 6キロメートルに及びました。

ところが、昨日 12月26日、このソプタン山がまたも大噴火を起こし、その噴煙の高さは、噴火直後に 7.5キロメートルを記録し、大地震の噴火のときよりさらに規模の大きなものとなっています。

 

2018年12月16日 噴火するソプタン山


Sutopo Purwo Nugroho


fobosplanet


Sutopo Purwo Nugroho


CNN Indonesia


Sutopo Purwo Nugroho

この 12月16日には、メキシコのポポカテペトル山も大噴火を起こしたことが報じられていたり、火山の噴火の報告が多く聞かれる日でもありました。

火山活動は世界的に落ち着いているということはなく、地震活動と共に活発な時期が続いているといえるようです。







-火山噴火と地震活動, 自然の力, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.