これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 気になるニュース 自然の力

白い虹、赤い虹、金の虹

投稿日:

2017年12月12日 オーストラリア・タスマニア州アーサー山脈の白い虹

Nick Fitzhardinge

2017年12月18日 米国ニューハンプシャー州マンチェスターの赤い虹

John Finney

Sponsored Link


 

12月12日、オーストラリアのタスマニアに冒頭のような「白い虹」が現れました。そして、12月18日には「赤い虹」がアメリカのマンチェスター上空に現れました。

どちらも、とても稀な光景であることは事実だと思われます。

そして、これを見て思い出すのは、「この1年くらいは白や赤の虹がよく出ていたなあ」ということでした。

2016年11月 英国スコットランドに出現した白い虹

earthreview.net

2017年6月 ロシア・ラドガ湖で撮影された白い虹

earthreview.net

白い虹は、非常に低い気温の中で、氷の結晶などに「光が反射せず」に、弧状に形成されるということで発生するようですが、しかし、ほとんど発生することはないですので、何か他の作用が必要となるものだとも思います。

なお、冒頭のオーストラリアの白い虹は、その中央に「ブロッケン現象」も伴っているという稀少なものです。

 

このような白い虹も大変に珍しいものですが、「赤い虹」となると、さらに珍しく、知っているものとしては、今年 7月にエストニアで下のような赤い虹が撮影されていた例くらいでしょうか。

2017年7月 エストニア・クーサルの赤い虹

Red rainbow at sunset, over Estonia

赤い虹は、夕暮れ時に出現するとされていますけれど、一般的には、夕暮れ時の虹でも、普通の虹であることがほとんどで、このように光の干渉によって、赤だけが浮かび上がるというのは珍しいことだと思われます。

なお、個人的に、今まで見た中で最も美しいと思った虹のような現象(実際には虹ではないです)は、今年 5月にポーランドで撮影された「花粉による虹」でした。

2017年5月 ポーランドでの花粉コロナ

earthreview.net

これは大気中の花粉に光が反射したもので、虹と同様の光を放つものですが、夕暮れと重なり、このような黄金の光景となりました。

世界で起きるいろいろな光景を見ていますと、この世界はさまざまな色による視覚的事象がくまなく発生するようにできているのだなあと実感します。

いつかは「青い虹」とか「紫の虹」が見られる時も来るかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-奇跡の光景, 気になるニュース, 自然の力
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.