これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

洪水の時代 異常気象 自然災害

インドのモンスーンによる洪水の死者数が1100人を突破し、史上最悪規模を更新しつつある

投稿日:

2019年8月19日 インド・コルカタ市の光景


straitstimes.com




 

今年のインドは、南アジアの雨季であるモンスーンの到来が遅れ、7月までひどい水不足と干ばつが続いていました。

ところが、7月中旬に、待望のモンスーンがやってきたと共に、一転して、インドは激しい洪水に見舞われることとなりました。

これにつきましては以下の記事でご紹介したことがあります。

インドとネパールが干ばつから一転してモンスーンの豪雨による大洪水に。1000万人が洪水の影響を受け、300万人が避難を開始

 

その後もモンスーンの大雨が続いていましたが、8月21日に、インド国家緊急対応センター(NDMI)が発表した報告書によれば、モンスーンが始まって以来のインドでの死者数が、 1149人に達していることがわかりました。

インド 29州のうちの 9州で死者が出ており、死者の多かった州は、

・マハラシュトラ州 248人
・ケララ州 170人
・西ベンガル州 155人
・ビハール州 130人
・グジャラート州 107人

となっていまして、下にそれぞれの州の場所を示しましたが、洪水の被害が、ほぼインド東西南北の全域に広がっていることがわかります。


Wikipedia

水没したケララ州マラプラム地区


accuweather.com

モンスーンに入って以来、家から避難しなければならなかった人の数は、180万人に達しています。

避難する人々


popxo.com


bengaldaily.com


dw.com


punchng.com

国家緊急対応センターなどによれば、インドの豪雨は、今後さらに激しくなることが予測されているようでして、被害はさらに拡大する可能性があります。

インドでモンスーンの際に洪水が起きること自体は珍しいことではないですが、最近数年は、被害が甚大になることが多く、昨年も大変な被害が出ています。

しかし、それでも、昨年の以下の記事で取りあげていましたように、2018年は、ほぼ同時期のモンスーンでの洪水による死者数は 800人以下でしたので、人的被害に関しては、今年のほうが大きな被害となっていると思われます。

モンスーンの豪雨によるインドでの洪水と地滑りによる死者数が774人にのぼっていることが判明。特にケララ州は前代未聞の大惨事に

インドのモンスーンの時期はまだしばらく続くため、現時点で洪水が発生している場所において、その洪水がおさまるのはまだ先のこととなりそうです。







-洪水の時代, 異常気象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.