これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 大量死

スウェーデン : 数百羽の鳥が死亡した姿で落下している光景が発見される。原因は不明

投稿日:

12月13日のスウェーデンSTVの報道より

svt.se

鳥の大量死が見つかったスウェーデン・エルンシェルツビクの場所
Google Map

Sponsored Link


スウェーデン中部の沿岸沿いにあるエルンシェルツビクという静かな街で、12月13日、道路の上に大量の鳥が死亡しているのが発見されました。

大量死が発見された場所の光景

svt.se

svt.se

現地では死因について調査をしているようですが、今のところ原因はわかっていません。

鳥の種類については報道にないのですが、写真を見る限りは、ツグミとか、そういう系統の小鳥のように見えます。

allehanda.se

地元の生物学者によると、毒物などが原因ではなさそうだということで、また、どうしてこの鳥たちが、集団となって同じ場所にたくさんいたのかということがわからないとのことでした。生物学者がそう言うということは、群れを作るタイプの鳥ではないということになるのかもしれません。

なお、このような「鳥が空から落ちてくる」という事例は最近どうにも多く、直近では、今年 9月下旬、50年ぶりに噴火の徴候を見せていたインドネシア・バリ島のアグン山周辺で数千羽の鳥の大量死が起きたことを、

インドネシア・バリ島で火の神の山と呼ばれるアグン山で「大量の鳥が突然空から落ちてきた」

という記事でご紹介しました。

アグン山はその後、大噴火を起こしています。

また、昨年も以下のような鳥の大量死を記事で取りあげています。

飛んでいる数百羽の鳥が「突然死亡して空から雨のように降ってきた」 : 米国ニュージャージー州 (2016年12月)

カリフォルニア州レディングで続く「小鳥たちの大量死」:2月のツグミに続いて、100羽の死亡したムクドリが発見される(2016年4月5日)

この中で、原因が判明したものはなく、基本的には「すべて原因不明」ということになっていました。

今回のスウェーデンの事例でも、環境汚染などとは無関係の場所ということもあり、数百羽の鳥が「いっせいに死んだ理由」は、なかなかわかりにくいものとなりそうです。

 







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-動物の異常, 大量死
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.