これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 大量死 気になるニュース

カリフォルニア州レディングで続く「小鳥たちの大量死」:2月のツグミに続いて、100羽の死亡したムクドリが発見される

投稿日:

100羽以上のムクドリが道路で見つかったカリフォルニア州レディング

birds-redding-2016Record Searchlight

 

米国カリフォルニア州のレディングという場所で、100羽前後のムクドリが、道路沿いで死亡しているのが発見されたことが地元メディアで報じられています。

birds-fall-from-sky-redding-california-1

 

レディングの場所
redding-calfornia-map

Sponsored Link


 

明確な原因はわかっていませんが、カリフォルニア州の魚類野生動物局の見解では、ムクドリは群れで飛ぶため、群れごと大型車両などと接触して集団で死亡したのではないかということです。

鳥が集団でトラックとぶつかる・・・? うーん・・・とは思いますが、他に考えられる理由が存在しないとのこと。

まあ・・・今は地球の磁場もおかしい(特にアメリカの磁場は弱くなっています)ですので、鳥の飛翔も少し危うくなっているのかもしれません。

ただ、気になるのは、

世界で再び始まった「鳥の大量死」の連続から思い至ったこと。それは、「現在の異常な動物の大量死は自分たちの現在と未来を見ている」に過ぎないということ
In Deep 2016/02/26

という記事に記したことがありますが、最近、「世界で鳥の大量死がとても多い」ということです。

アメリカだけでも最近だけで下のように「鳥の大量死」が起きています。

bird-die-off-map-2016In Deep

そして、上の地図にもありますが、今回、ムクドリの大量死が発生したカリフォルニア州のレディングでは、2月にも「ツグミの大量死」が起きています。

2016年2月21日のアメリカ報道より

california-song-birdsNature World News

 

こう連続していると、何らかの関係する理由もあるのではないかと思う部分はあります。ちなみに、野生動物局の担当者は、

「このような形でムクドリが死んでいることは非常に珍しい」

と述べていまして、少なくともこの地においては日常的なことではないようです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-動物の異常, 大量死, 気になるニュース
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.