これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 異常気象

南アフリカで初めて出現したこの世の終わりのごとき「赤い日」

投稿日:

嵐による珍しい現象を伝える南アフリカの報道


Rare red sandstorm descends on Alexander Bay




 

南アフリカのアレクサンダーベイという場所で「嵐の中で風景が真っ赤に染まる」ということが起きたことが報じられていました。

10月20日のアレクサンダーベイの光景


ReenvalSA


ReenvalSA

アレクサンダーベイの位置

Google Map

下はその日の様子が撮影された動画です。

報道によれば、この日の南アフリカは各地で激しい暴風となり、気象専門家は、「おそらく暴風のためにこのような光景が出現した」と述べていました。

「おそらく」と言っているように、この地域で過去にこのような現象が起きたことはなく、非常に珍しいことのようです。


・ReenvalSA

最近は、世界の各地でこのような「赤い日」が出現していて、このブログでも、今年だけで以下のような記事を書かせていただいています。

白と赤に包まれて : トルコ南部がかつてない規模の砂嵐により「空も景色も真っ赤に染まる」。そして、他の地域では相変わらず続く記録的大雪

イラク・バスラの空が血のように真っ赤に染まった日

ギリシャ・クレタ島が赤く染まった日

どれも暴風などによる砂嵐が原因だとされていますが、黒や茶色ではなく、「赤く染まる」という事象が続いているあたりが印象的です。

気象がどんどん荒くなっている中では、このような赤い光景がさらに世界中に広がっていくのかもしれません。







-気になるニュース, 異常な現象, 異常気象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.