「疾病と感染症」 一覧

南米のデング熱の症例数が「2024年だけで660万件」を超えるという壊滅的な流行状況に。遺伝子編集蚊が大量に放出されたブラジルから始まり、南米全体へと広がっている

指数関数的な流行拡大へと つい最近、ブラジルなどを中心として、ラテンアメリカで、蚊が媒介するデング熱の大流行が拡大していることを以下の記事で書きました。 ・「デング熱撲滅」のために遺伝子編集した蚊を大 ...



腸内環境に良いとされる植物繊維イヌリンが「腸の炎症を引き起こす、あるいは悪化させる」ことが研究で判明

2024/05/06    , ,

joywinnatural.com 腸に良いとして摂取しているものが実は さまざまな研究で、「こうなるだろうと予測して行った研究が、まったく逆の結果を導く」というようなことは、たまにありますが、米国の ...

複数回のブースター接種を受けた人のコロナ感染リスクは「未接種者の2.5倍」であることを示した米国の論文

有効率23% アメリカの大病院クリーブランド・クリニックの研究者たちが、5万人近くにのぼるスタッフたちを対象として、新型コロナワクチンの「予防効果」についての大規模な研究を行いました。 論文はこちらに ...



「デング熱撲滅」のために遺伝子編集した蚊を大量に放出したブラジルを中心に、南米でのデング熱感染の拡大が過去最悪の状況に

economist.com これが「科学的」人為介入の結末 南米の全域で、蚊が媒介するデング熱の流行が過去最大のペースを保ちながら拡大していることが報じられています。 特に感染者数が多いのがブラジルで ...

アセトアミノフェンは「適切な量」と定められている服用量でも、心臓組織に強い悪影響を及ぼす可能性が研究で判明

明白になり続ける「アセトアミノフェンは安全」説の崩壊 コロナの渦中では、あるいは、インフルエンザが流行していた時期では、それが大人であろうが子どもであろうが、発熱に対しては、「カロナール」という処方が ...



若者のガンの急増について、「原因は若者の老化の加速による」という珍妙な理論を発表し始めた米国医学界

newcancerinfo.com 米国でガンが増加しているのは「若者の老化の加速」と発表 昨日、In Deep で、「 2021年と 2022年の特定のガンの急増」に関しての日本人医学者たちによる論 ...

アルツハイマー病が「血液を介して広まる」性質を持つことが改めて実証される。つまり、輸血や臓器移植でも感染のリスクが

アルツハイマー病の大きな原因のひとつである「伝染」 カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の研究者たちが、「アルツハイマー病が血液を介して伝染する」ことを実証した研究論文が発表されていました。 以下に ...



バンドエイドなど多くの絆創膏に、永久化学物質PFASが含まれていることが判明。それは傷口から直接体内に入る可能性がある

2024/04/04    , ,

CDC, ehn.org 非常に身近な「直接皮膚につける」衛生用品に アメリカの消費者監視団体などが、バンドエイドなどに代表される、いわゆる「絆創膏」に含まれる PFAS についての調査結果を発表して ...

マイクロRNAの調節不全が「すい臓ガンと強く関係している」ことを示す論文。それはmRNAワクチン接種により無秩序に発生する

マイクロRNAの調節不全が引き起こす、ほんの一例 2021年から、どの国でも「特定のガン」の発生や、その死亡数が増加していますが、日本において最も増加しているガンのひとつに「すい臓ガン」があります。 ...



中国のアモイ市の大病院に「毎日千人近い新型コロナによる呼吸器疾患の患者」が殺到。偶然、その少し前にすぐ隣に米陸軍特殊部隊が…

アモイ大学付属中山病院の主任医師である杜延平さん。xmtv.cn 新型コロナ陽性例が突如急上昇 中国のアモイ市(厦門市)で、3月に入ってから、新型コロナウイルスで病院を受診する人の数が急激に増加してい ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2024 All Rights Reserved.