これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常な現象 異常気象

ロシア・バルナウルの街を「飲み込むかのように」広がった驚愕のスーパーセル

投稿日:

6月24日 ロシアのバルナウルの空に広がるスーパーセル


vk.com

Sponsored Link


 

スーパーセル(超巨大積乱雲)という現象そのものが以前はとても珍しい現象で、世界のどこであれ、そうそう出現するようなものではありませんでした。

ところが、最近の世界の天候の状況では、スーパーセルが出現することについては、それほど珍しいことではなくなりつつあります。

このブログでも、短期間の間に世界で集中してスーパーセルが出現した時にはまとめて取りあげることがありますが、その機会も多くなっていまして、今ではスーパーセルはすでに「異常な現象」とも言えなくなっているのかもしれません。

それでも、以前はまったく出現することがなかった地域に出現する「信じられないような巨大なスーパーセル」の光景は、やはり圧倒されます。

日本時間の 6月24日(現地時間6月23日)に、ロシアのバルナウルという街に出現したスーパーセルも、そのようなものでした。

6月24日 ロシア・バルナウルのスーパーセル


David de Zabedrosky


THE GROUND OF APOCALYPSE OVER BARNAUL


David de Zabedrosky

バウナウルという街は下の場所にあります。

ロシア・バルナウルの場所

Google Map

場所や緯度などからは、スーパーセルのような気象の事象とは無縁のような位置には見えます。

下の動画は SNS に投稿されていたものです。

夏が近づいたとはいえ、今年はスーパーセルの出現がかなり多いように思います。

6月に入ってからだけでも、下の2つの記事を書かせていただいています。

スーパーセル、あるいはそれに類する迫力ある雲だらけのアメリカ

ヨーロッパ各地で異常な頻度で出現し続ける巨大スーパーセル

最近の特徴は、やはりこれまでスーパーセルのような事象とは無縁だったドイツやフランスなどのを初めとするヨーロッパ各地でも頻繁にスーパーセルやマイクロバーストのような事象が起きていることです。

これから先のことはわかりませんけれど、直近でいえば、ロシアもヨーロッパもまだまだ天候に関しては荒れた状態が拡大していきそうな感じです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.