これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 自然の力

グアテマラで撮影された暴力的なダストデビルの発生から消滅まで

投稿日:

David de Zabedrosky

中米のグアテマラで、「突如発生したダストデビル」が撮影されました。

持続時間が比較的短いダストデビルが、その発生から消滅まで動画で撮影されるのはかなり珍しいことですが、スマートフォン時代ということで、どんなことでも咄嗟に撮影されることが多くなり、このような映像も増えています。

下の動画は撮影されたものの一部です。

グアテマラのダストデビル

Sponsored Link


 
ダストデビルは、日本語では「塵旋風(じんせんぷう)」というような言葉をあてられていて、Wikipedia での説明は以下のようなものです。

塵旋風とは、地表付近の大気が渦巻状に立ち上る突風の一種である。一般的には旋風や辻風(つじかぜ)と呼ばれ、英語ではダストデビルと呼ばれる。竜巻と誤認されることがあるが、塵旋風と竜巻は根本的に異なる気象現象である。

グアテマラでダストデビルが撮影されたのは、レモリーノという場所で、おそらくグラウンドだと思われます。

グアテマラ・レモリーノの場所
・Google Map

人々がサッカーなどをしている中、突然、ダストデビルは下のような順で発生して消滅していきました。

ダストデビル発生。いきなりパワーがマックスに

 

数十秒後に勢いが減速

 

煙のように消滅

David de Zabedrosky

ダストデビルは、発生してから数十秒などで消えてしまうことも多いので、このような光景はなかなか見られないと思います。

それにしても、最近はこのようなわりと大規模なダストデビルの報告が多いです。

先日は、タイで「奇妙なダストデビル」が撮影されたことをご紹介したことがありましたけれど、大気現象も少しずつ変化しているのですかね。

2月27日にタイで撮影されたダストデビルのようなもの

タイで観測された「ダストデビル」だと思われるけれど、何だか少し不思議な現象

 

アメリカで多発している竜巻を含めて、身近な大気の状態も、ややおかしなことになっている最近だけに、ダストデビルのような現象はまだまだこれからの増えそうな感じがします。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.