これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 自然の力

グアテマラで撮影された暴力的なダストデビルの発生から消滅まで

投稿日:

David de Zabedrosky

中米のグアテマラで、「突如発生したダストデビル」が撮影されました。

持続時間が比較的短いダストデビルが、その発生から消滅まで動画で撮影されるのはかなり珍しいことですが、スマートフォン時代ということで、どんなことでも咄嗟に撮影されることが多くなり、このような映像も増えています。

下の動画は撮影されたものの一部です。

グアテマラのダストデビル

Sponsored Link


 
ダストデビルは、日本語では「塵旋風(じんせんぷう)」というような言葉をあてられていて、Wikipedia での説明は以下のようなものです。

塵旋風とは、地表付近の大気が渦巻状に立ち上る突風の一種である。一般的には旋風や辻風(つじかぜ)と呼ばれ、英語ではダストデビルと呼ばれる。竜巻と誤認されることがあるが、塵旋風と竜巻は根本的に異なる気象現象である。

グアテマラでダストデビルが撮影されたのは、レモリーノという場所で、おそらくグラウンドだと思われます。

グアテマラ・レモリーノの場所
・Google Map

人々がサッカーなどをしている中、突然、ダストデビルは下のような順で発生して消滅していきました。

ダストデビル発生。いきなりパワーがマックスに

 

数十秒後に勢いが減速

 

煙のように消滅

David de Zabedrosky

ダストデビルは、発生してから数十秒などで消えてしまうことも多いので、このような光景はなかなか見られないと思います。

それにしても、最近はこのようなわりと大規模なダストデビルの報告が多いです。

先日は、タイで「奇妙なダストデビル」が撮影されたことをご紹介したことがありましたけれど、大気現象も少しずつ変化しているのですかね。

2月27日にタイで撮影されたダストデビルのようなもの

タイで観測された「ダストデビル」だと思われるけれど、何だか少し不思議な現象

 

アメリカで多発している竜巻を含めて、身近な大気の状態も、ややおかしなことになっている最近だけに、ダストデビルのような現象はまだまだこれからの増えそうな感じがします。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.