これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常な現象 異常気象

記録的な寒さが続くカナダのアルバータ州で、ついに「初夏に大雪」という事態が発生

投稿日:

カナダ・アルバータ州の6月の大雪を伝えるツイッターより


Scott From Scotland




 

カナダのアルバータ州で、この 6月に入って以来、異例ともいえる寒さが続いているのですが、6月7日、ついに「夏の雪」が降るという事態となったことが報じられています。

カナダのアルバータ州の位置

Google Map

6月7日 大雪が降るカナダ・アルバータ州の光景


narcity.com

北米では、極地に近い場所などを除けば、6月というのは「夏」に入る頃で、この時期の雪はかなり珍しいことだと思われます。

しかも、写真を見ますと、結構な積雪となっていまして、冬そのものの光景が 6月のアルバータ州に出現したというような感じとなっています。

 

6月7日のアルバータ州の各地の光景


twitter


twitter


Derrick Snowdy

この 10日ほどのカナダの寒さは、まさに記録的なものとなっていまして、6月2日には、モントリオールで「同時期としての寒さの記録が更新された」ことが報じられたばかりでした。

6月3日 カナダの記録的な寒波を伝えるメディア


mtlblog.com

そして、今回のような「 6月の雪」という事態となったようなのですが、たとえば、私は北海道の出身ですけれど、北海道のような寒冷な土地でも、6月に雪が降るなどということは、平地ではまずないことだと思われます。

そういう意味では、今の北米の一部にある気温と大気の状態が「異常である」ということを示しているものだとも思います。

それにしても、カナダのアルバータ州というのは、つい先日、以下の記事で、「壊滅的な山火事が発生した」ことをご紹介したばかりでした。

カナダ・アルバータ州でコントロール不能の極めて大規模な山火事が発生。火災の煙によりアメリカを含む北米広範が「黙示録的な赤」に染まりつつある

そのアルバータ州は熱波に包まれているのではなく、極端な寒波に見舞われているということを知りまして、何とも複雑な状況なのだなあと改めて思った次第であります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.