これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース

チリ・イースター島の上層大気が「大気光」と呼ばれる太陽光学現象で真っ赤に染まる

投稿日:

2016年10月4日の米国メディア記事より

easter-red-airglow・Red airglow photographed over Easter Island

オーロラと似た現象であり、高層大気の中の化学反応によって「大気自体が光る」大気光という現象があります。

英語では airglow (エアグロー / 大気の輝き)と呼ばれるこの現象は、通常でも起きることはあるのですが、一般的非常に微かな光であるため、肉眼で見られるようなことはほとんどありません。

それが最近、チリのイースター島で、冒頭のように、鮮明な大気光により見事に夜空が見事な「赤」に染まったのでした。

easter-02sott.net

イースター島の場所
easter-island-mapイースター島

Sponsored Link



 

大気光での強い光の観測は比較的珍しいものですが、地上からではなく、 ISS 国際宇宙ステーションから撮影されたものに関しては、以前、「NASAの国際宇宙ステーションが撮影した「大気光が作り出した、記録にないような赤い宇宙」」という記事でご紹介したことがあります。

2016年4月4日に公開されたNASAの動画より。赤い部分が大気光

iss-air-01-bNASA

これは、何かの光が反射しているというものではなく、イオンや太陽光、あるいは宇宙線など様々な原因により、大気が実際に発光しているということで、「大気そのものが光る」現象でもあります。

下は、大地から観測された大気光の例で、ユタ州の国立公園から撮影されたものだそうです。

2015年6月24日 米国ユタ州ブライダル・ベイル・フォールズ

airglow-2015-0624Sl1cksta

夕焼けなどでも空は赤くなりますけれど、夕焼けは空の大気自体が赤くなっているのではないのに対して、これらの大気光の光景は、そこにある大気そのものが「真っ赤に染まっている」ものではありまして、そのあたりを考えますと、なかなか壮大なものです。

ちなみに、最近は、川とか太陽とか、いろいろと「赤く染まる」事例が多いですが、そのことについて、いくつかリンクと写真を示ておきたいと思います。

最近の「赤く染まった」いろいろな事象

中国河北省の川
china-red-river-2016-may2中国河北省で川が広範囲で真っ赤に染まる

 

ロシア北極圏の川
blood-red-river-russia-02bロシア・ノリリスクで川が突然「真っ赤な血の色」に染まる。当局は「原因不明の物質によるもの」と発表

 

中国の塩湖
china-s-dead-sea-turns-blood-red2「中国の死海」と呼ばれる運城塩湖の水が突然「血の赤」に変色

 

カリフォルニアの赤い太陽
california-red-sun2…かつて南緯33度線に出現した「赤い太陽」が、カリフォルニアにも出現

 

コロンビアの川
columbia-red-riverベルギーで原子炉が爆発し、ロシア機が空中爆発。コロンビアでは川が血の赤に変色…







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.