これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然災害

今年の春にペルーで発生した巨大亀裂は今も拡大を続けている…。非常事態宣言が5ヶ月間発令され続けている現地では村が消滅していた

投稿日:

7月24日のスペイン語版BBCの記事より


BBC Mundo




 

今年 2018年の 2月の終わりに、「ペルーのクスコ周辺で巨大な亀裂が発生した」ことを以下の記事で取りあげさせていただいたことがあります。

世界遺産でもあるペルー・クスコに巨大な亀裂が突如出現し、住民たちが移転を余儀なくされる

この時には、下のような巨大な亀裂が発生し、地域の約 60世帯が避難し、同時に非常事態が宣言されました。

2018年2月27日 ペルー・クスコ


Pajarito News

ペルー・クスコの場所

Google Map

その後どうなったのかについては、あまり報じられていなかったこともあり、私は知らなかったのですが、冒頭の BBC の報道で、

「亀裂は現在も拡大し続けている」

ということがわかったのです。

そして、その今の現地の状態は、惨状としか言いようのないものだったのでした。

下の写真は、今年 3月から最近まで撮影された、ペルー・クスコ周辺の亀裂の発生した場所の状況です。なお、最も被害の激しい場所は、ルット・クトゥト(Lutto Kututo)という村で、写真を見る限りは、もはや「村は消滅した」というようなことになっているようです。

2018年3月から7月にかけて撮影されたペルーのルット・クトゥト村の周辺の状況


FAMECO PRODUCCIONES


FAMECO PRODUCCIONES


BBC Mundo


BBC Mundo


El Comercio


FAMECO PRODUCCIONES

 

今年 2月から亀裂が発生した土地の面積は 30ヘクタールに及んでいるそうですが、亀裂の発生していない周辺地域も地盤的に非常に不安定な状態となっており、さらに亀裂の発生が拡大していく可能性が強いようです。

ペルーでは最近大きな地震があったわけでもなく、他に周辺で異常な地質現象が起きているというわけでもありません。このクスコ周辺だけが、唐突といってもいいような感じで地盤が崩壊し続けているのです。

この土地には長く住んできた人々がいるわけで、少なくとも、そういう人々が暮らし始めてから起きたことのない事象であり、そして、今後この土地に住み続けることは、何ともいえないにしても、難しいような気がします。

今はいろいろな理由によって「人々がもともと住んでいた場所に暮らせなくなる」ことが多いです。

その理由には、洪水もあれば、地震もあります。そして、このペルーの地では、このような前例のない地質活動によって、それが起きているのです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 異常な現象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.