これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

洪水の時代 異常気象 自然災害

インドのモンスーンの洪水被害は死者数が1600人を突破。総雨量は過去25年間で最大に

投稿日:


New York Post




過去25年間で最大の雨量に

南アジアでは、雨季にあたるモンスーン・シーズンが続いていますが、今年のモンスーンの雨量が平年より飛躍的に多いこともあり、被害が拡大し続けています。

8月に以下の記事で、6月からのモンスーンでの洪水などによる死者数が、1100人を超えたことを取り上げました。

インドのモンスーンによる洪水の死者数が1100人を突破し、史上最悪規模を更新しつつある

しかし、被害は、その後も拡大し続けており、インド国家緊急対応センター(NDMI)によれば、モンスーンが始まった 6月から 9月29日までの死者数が、1673人に達したことが報告されていました。

そして、9月26日頃からの数日、またも激しい豪雨がインド各地を襲い、この数日だけで 150人近くの人々が亡くなったことが報じられています。

2019年9月30日 ビハール州パトナ

Washington Post


BBC

特に、この数日は、ウッタル・プラデーシュ州とビハール州でカオス的な状況となっているようで、交通などが混乱しているのは当然としても、医療サービスや、学校、電力供給にも混乱が発生し、また、いくつかの刑務所でも、洪水により、大規模な囚人の移転を余儀なくされています。

9月30日 浸水したビハール州の病院

Sky News

軍による住民の救出が続くマハーラーシュトラ州サングリ

Channels TV

通常はインドのモンスーンは、9月の中旬くらいまでには終わるのですが、今年は、10月になっても終わらず、インドの気象機関によれば、少なくとも 10月上旬以降も雨が続く予測となっていまして、この予測通りとなりますと、通常より 1ヵ月近く長いモンスーンとなることになります。

また、ガンジス川がこの数日の豪雨で大規模に氾濫しており、今後の雨の状況によっては、ガンジス川流域などで被害がさらに広がる可能性があります。

インドは、今年 6月まで記録的な干ばつで、「まったく雨が降らない状態」が何か月も続きました。それが一転し、まったく雨が降り止まない状況が続いています。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-洪水の時代, 異常気象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.