これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象 自然の力

ロシアのオイミャコンで観測史上最低気温レベルの「氷点下 63℃ 」が記録される

投稿日:

2019年1月14日 ロシアのオイミャコンで -63℃を表示する温度計


Oymyakon village, Russia -63 ℃




 

ロシアのオイミャコンという村は、「人が暮らしている場所として世界で最も寒い土地」と言われている場所で、寒いこと自体は普通なのですが、今年は特に気温が下がっていまして、観測史上の記録を塗り替えそうな勢いになっています。

1月14日には冒頭にありますように最低気温が -63℃となりました。


Oymyakon village, Russia -63 ℃

このオイミャコンでは、昨年 2018年1月17日に -65℃を記録していまして、それがこれまでの最低気温となっていますが、その記録を更新する可能性が出ています。

1月14日に撮影されたオイミャコンの男性


Oymyakon village, Russia -63 ℃

オイミャコンの場所

Google Map

この冬は、オイミャコンの気温について何度かご紹介してきましたが、秋からの気温の流れは下のようになっていました。

2018年11月07日 -35℃


earthreview.net

2018年11月08日 -41℃


earthreview.net

2018年12月01日 -50℃


earthreview.net

そして、今回 -63℃にまで達したわけですが、ヨーロッパや中東の異様な寒波などが現していますように、今年は北極方面からの寒波が特に厳しいものとなっているために、オイミャコンなどでも昨年より気温が下がる可能性があり、観測史上の記録である -65℃を下回る日もあるかもしれません。

なお、このオイミャコンという場所は、Wikipedia によれば、

> 冬は軒並み-50.0℃以下になるため、細菌やウイルスによる感染症にかかることはほとんどない。

のだそうです。

細菌やウイルスも凍結してしまう場所でも人間は生きていけるのだなあと、ふと思いました。







-ミニ氷河期の到来, 異常気象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.