これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 気になるニュース 異常気象

ロシアのオイミャコンで12月の到来と共に「 -50℃」を記録

投稿日:

2018年12月01日 -50℃を表示するオイミャコンの温度計


Yakutia.com

オイミャコンの場所

Google Map




 

ロシア・ヤクーツクにあるオイミャコンという街で「まだ 11月だというのに -40℃を記録した」ということを以下の記事でご紹介したことがありました。

ロシア・ヤクーツクのオイミャコンで早くも気温が「マイナス40℃」越え

この記事で、

> 11月中の -50℃越えというのもあるのかもしれません。

と書きましたけれど、11月中の -50℃超えはなかったですが、12月に入ると同時に、オイミャコンで -50℃を記録しました。

前日の 11月30日に -49℃を記録しておりまして、順当に日々気温が下がり続けているようです。

11月30日のオイミャコンの気温


Yakutia.com

ヤクーツク地域の人たちは、このような寒さに慣れていますけれど、それでも、-40℃か -50℃とかの世界はなかなかすごいもので、たとえば下のように、釣れた大きな魚なども「瞬間冷凍」的に凍ってしまうようです。

11月28日のヤクーツクにて。気温は -40℃くらいです


Yakutia.com

11月27日 -40℃のヤクーツクの街の様子


Yakutia.com

私は北海道出身でして、 18歳くらいまで暮らしていましたけれど、実際に体験した最も低い気温は、記憶では -16℃くらいだったと思います。

ですので、-50℃とかはどんな感じなのか、よくわからないのですが、しかし現地の人たちの写真を見ると、何だかみんな楽しそうですので、大丈夫なのかもしれません。ちょっと経験してみたい気もしないでもないです。

下の記事でご紹介しましたが、ヨーロッパでのミニ氷河期の到来が現実化しそうですので、何年か後には、ヨーロッパでも -50℃とかあるのかもしれないですね。

かつて地球に「250年間の寒冷化」をもたらした原因となった「大西洋の海流の崩壊」が正式に確認され、少なくとも欧州と北米は、いつミニ氷河期に突入しても不思議ではない状態に







-ミニ氷河期の到来, 気になるニュース, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.