これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 異常な現象 自然の力

アメリカとエストニアの川の水面に同時に出現した「回転する巨大な氷の円盤」

投稿日:

エストニアのバナ・ビガラに出現した巨大な氷のディスク


Raimo Pauser




 

先日、アメリカのメイン州の川に「巨大な氷の円盤が出現した」というニュースが報じられていました。下のような報道です。

まるで水面に浮かぶ月、米メイン州の川に巨大な「氷の円盤」

ロイター 2019年 1月 17日

米メイン州のプレサンプスコット川で14日、丸い巨大な氷の塊がゆっくりと回転しながら下流へと流れていく様子を、ドローンを使って撮影した。

地元メディアによると、この巨大な氷の円盤は直径がおよそ90メートルほどあり、回転しながら徐々に拡大しているという。氷の円盤は、川がカーブしているところで加速する水流が力となり、氷の塊を砕いては渦を作り、周囲の氷とくっつくことで丸い円盤ができていくと考えられている。

別の角度では、以下のような感じです。

 

同じ頃、ヨーロッパのエストニアでも、冒頭にあります回転する巨大な氷の円盤が出現していました。

下の動画は氷の円盤の様子がおさめられたものです。

エストニアのものは、正確な大きさは記されていませんが、雪をかぶり真っ白な状態で回転し続けている姿が印象的です。


raimopauser


earth-chronicles.ru

 

このような氷の円盤はもともと稀少な現象で、本来は頻繁に出現するというようなものではないですが、最近は比較的増えています。

このブログでも、過去に以下のような事象をご紹介しています。

2017年11月 アメリカ・ニューヨーク州に出現した氷の円盤


感謝祭の日の米ニューヨーク州に出現した回転する氷の円盤「アイスサークル」

2015年11月 スウェーデン北部フォルスビンに出現した氷の円盤


スウェーデン北部の川に巨大なアイスサークルが出現

この氷の円盤は、英語では「アイスサークル」とも呼ばれますが、このように完全な円形を描くメカニズムは、正確なところはわかっていません。

以前、ロシア人科学者が「地下から噴出するガスが原因ではないか」と述べていたことがありましたが、やはり水流が一番大きな原因ではあると思うのですけれど、なぜ、こんなに美しい円を描くのかは、やや謎です。

今年は、アメリカもヨーロッパも気温が非常に低い場所が多くなっていますので、このような氷の円盤は今後も出現し続けそうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-奇跡の光景, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.