これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 大量死 気になるニュース

クロアチアで5000万匹以上のミツバチが突然の大量死。政府は自然災害を宣言

投稿日:


Bloomberg




 

この数年は、ミツバチの大量死が世界の各地で起きていますが、6月9日に、ヨーロッパのクロアチアで「 5000万匹以上のミツバチが大量死した」と報じられています。

クロアチアの場所

abysse.co.jp

ブルームバーグによれば、ハンガリーとの国境近くのメジムリエという場所では、地域全体の3分の1にあたるミツバチが一掃されたとのことです。

原因は、「農薬ではないか」とする意見がありますが、実査には今のところわかっておらず、調査が進められています。


gulfnews.com

なお、2019年頃から世界でのミツバチの大量死は加速していまして、以下のような記事で取りあげています。

蜂の黙示録は続く : ブラジルで過去3ヵ月だけで「5億匹」のミツバチの大量死が起きていたことが判明

2019年の夏、ロシアの広範囲で異常な数のミツバチの大量死が起きている

クロアチアのミツバチの大量死について、報道からご紹介します。

 


クロアチアで5,000万羽以上のミツバチが大量死を起こし、政府は自然災害を宣言

watchers.news 2020/06/17

クロアチアのメジムリェ郡で先週、5,000万匹以上のミツバチが死亡しているのが発見され、6月15日に当局は「自然災害宣言」を発令した。

最初に大量死が見つかったのは 6月9日で、ハンガリーとの国境近くの複数の地域で何百万匹もの死んだミツバチが地面を覆っていたのが発見された。

伝えられるところによると、20の養蜂家が約 600の巣箱を失ったという。

原因はまだわかっていないが、農薬による可能性も指摘されている。

地元の養蜂家のアナ・ペペルコ氏は、「おそらく殺虫剤による中毒です」 と述べている。

地元の養蜂家協会はこの出来事は、歴史的に悲惨な事態だと述べる。

また、他の理由として、抗生物質によるこの近辺を流れるサバ川の汚染を特定しており、抗生物質による汚染は生態学的には養蜂に好ましくないとしている。

メジムリェ郡の公衆衛生研究所とザグレブの毒性学研究所がミツバチの検査を行っており、ミツバチの死因の特定が進められている。同時に、人間の健康への影響に関する研究も行わている。

ミツバチを失った養蜂家たちは、当局から経済的な保証が受けられるが、しかし、養蜂家協会は以下のように述べる。

「この損失は、計り知れないものです。農作の受粉におけるミツバチの重要性を考えてみて下さい」







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-動物の異常, 大量死, 気になるニュース
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.