これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 火山噴火と地震活動 自然災害

インドネシアのクラカタウ火山の活動が激化。1日に63回の噴火

投稿日:

クラカタウ火山の激しい噴火を報じるインドネシアの報道より


wartaekonomi.co.id




 

今から1ヶ月ほど前に、インドネシアのクラカタウ火山で「 1日に 56回の噴火が発生する」という出来事を In Deep の下の記事でご紹介したことがありました。

クラカタウ…カトラ山、そしてイエローストーン…。地球を代表する「モンスター火山」が次々と噴火や、その予兆を見せる夏の終わり

この火山は、正式には「アナク・クラカタウ」と呼ばれ、これは、インドネシア語で、「クラカタウの子ども」という意味ですが、下の図にあるクラカタウ火山の経緯でわかりますように、要するに、これは「クラカタウ火山のあった場所で噴火が起きていた」ということになります。

このアナク・クラカタウは、その後も活動を継続させていましたが、10月中旬から 9月よりさらに激しい噴火の兆しを見せ始めました。

そして、冒頭のインドネシアの報道にありますように、10月19日から 20日にかけて、「 63回の噴火が発生する」という激しい状態となっています。

10月15日から20日までの間のクラカタウの活動の様子

10月15日の噴火

geoffmackley

10月19日の噴火

marygreeley.com

10月19日の噴火

sumatra.bisnis.com

10月20日の噴火

lampung.antaranews.com

10月20日の噴火

twitter

 

インドネシアでは、今年は、火山の噴火と大きな地震が相次いでいて、バリ島のアグン山の噴火や、スラウェシ島の地震と津波による被害などを以下の記事などでご紹介してきました。

昨年54年ぶりに噴火したインドネシア・バリ島のアグン山で再び大規模噴火。7月2日には3回連続で爆発的噴火が発生

インドネシア・スラウェシ島の地震と津波による死者数が「1200名」に達する。犠牲者の数は、さらに大幅に拡大する可能性

このような活動の中でも、クラカタウ火山は、特に過去に極めて大きな活動を繰り返して火山の場所でもあり、そのクラカタウの活動が激しさを増しているということ自体が、環太平洋火山帯の地質活動が収まっていないことの現れということになるのかもしれません。

最近、日本の地質活動はやや落ち着いている感じがありますが、世界全体の地震と火山噴火の状況を見ますと、環太平洋火山帯にある日本もまた決して安心できない状況の中にあると言えそうです。







-気になるニュース, 火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.