これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象

ロシアのケメロヴォが、中国やインドよりひどい「視界数十メートル」のスモッグに覆われている

投稿日:

2019年12月02日 数十メートル先が見えないロシア・ケメロヴォの様子

tayga.info




 

今の世界は「大気汚染」というものが大変な問題となっていて、特に中国やインドのスモッグの様相は、時期により「もはや人が普通に暮らすには無理がある」という規模にまで増大しています。

しかし、ロシアの報道を見ていましたら、ロシアでも今、地域によって大気汚染がひどく、特に 12月に入ってから、ロシアのケメロヴォ州という地区の一帯で、

「隣の家が見えない」

ほどのスモッグに覆われていることが報じられていました。

ケメロヴォの場所

Google Map

写真を見る限りでは中国やインドよりもひどいのではないかと思われるような状態です。

2019年12月1-2日のロシア・ケメロヴォの様子

スモッグで赤く染まった空

earth-chronicles.ru

視界は数十メートル

baikal24.ru


tvzvezda.ru


kem.kp.ru

ケメロヴォには多くの工場があるそうなのですが、このスモッグの原因は、工場によるものが多くを占めているとのこと。

煙を排出するケメロヴォの国営企業「クズバズ」の工場

vesti.ru

しかし、スモッグの状態があまりにもひどくなり、住民たちから「息ができない」というような苦情も多数寄せられはじめていることから、ケメロヴォの国営企業であるクズバズは、工場からの排出量を削減すると声明を出しました。

ケメロヴォの他の企業も、排出量を最大で 40パーセント削減すると述べたと報じられていますが、今のところはまだ削減されていないようです。

2016年の以下の記事では、現在は世界の多くが危険なレベルの大気汚染の影響を受けていることをお伝えしましたが、その範囲はさらに拡大しているようです。

世界の人口の90%以上が危険なレベルの大気汚染にさらされ、毎年650万人が大気汚染が原因で死亡している

アジアやヨーロッパも含めまして、冬になりますと、各地で暖房が使われ始めると共に大気汚染が再び激しくなる傾向にありますので、今後の季節はさらに、このような状態が拡大するかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.