これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象 自然災害

インド北部が史上最大級の大雪と寒波に見舞われ続けている。カシミール地方では -20℃近くの気温を記録した地域も

投稿日:

2019年1月5日 まるで北国のようなインド・スリナガル市の光景


mohammed albaloushi




 

2019年に入ってから、世界ではいくつかの地域が大寒波や大雪などに見舞われています。最も顕著なのがヨーロッパで、以下の記事でご紹介しましたが、ヨーロッパのいくつかの地域と、そして、北米のいくつかの地域では歴史的な寒波となっています。

2019年の新年からヨーロッパ各地で降りすぎている雪

そして、インド北部も記録的な寒波と大雪に見舞われていることを、現地の報道などで知りました。

冒頭の、まるで冬の北欧の森の様な光景は、インドのジャンムー・カシミール州にあるスリナガル(シュリーナガル)の光景ですが、このスリナガルでは、25cmの積雪を記録し、気温も氷点下まで下がりました。

ジャンムー・カシミール州のカルギルという町では、1月4日の最低気温が「 -18.6℃」と歴史的に低い気温にまで下がったと報じられています。

インド北部の寒波と大雪を報じる1月5日のインドのニュース


HNN

このスリナガルのあるジャンムー・カシミール州だけではなく、ヒマチャル・プラデシュ州など複数のインド北部の地域が大変な寒波と大雪に見舞われています。


Google Map

報道によれば、各地で道路が寸断され、また停電も発生していますが、道路を使うことができないために復旧できない地域が多数あるとのこと。

このような状態のため、被害状況がわかっていない場所も多いようですが、天候は、今後も雪が続くと見られていて、状況は不透明となっています。

そのような渦中のインド北部の光景をご紹介させていただこうと思います。

 

2019年1月1日-5日のインド北部の光景

1月2日 北海道のような光景となったカシミール

intoday.in

1月5日のスリナガル

indiatoday.in

1月1日 インドとパキスタンの国境を守る国境警備隊の様子

livebavaal.com

1月3日 スリナガル

mohammed albaloushi

1月5日 カシミールのカンガン市

mohammed albaloushi

1月4日 雪で交通不能となったパンジャーブ州の道路

himachal.punjabkesari.in

 

異例とも言える寒波と大雪に見舞われる地域が拡大しています。







-ミニ氷河期の到来, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.