これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 火山噴火と地震活動 自然災害

ハワイ:キラウエア火山の噴火により非常事態宣言。複数の噴火は1951年以来。噴火の翌日にはマグニチュード6.9の地震も発生

投稿日:

2018年5月4日の報道より


Mount Kilauea: Hawaii emergency declared over volcano eruption

Sponsored Link


 

ハワイ島にあるキラウエア火山が、日本時間の5月4日、突如として噴火しました。

5月4日 噴火するキラウエア火山


AP

噴火から数時間後、ハワイ州は非常事態宣言を発令し、同時に、この噴火の影響の可能性がある住民 1700名に避難命令を出しました。

住宅地に流れ込むキラウエア火山の噴火による溶岩


KPIX CBS

キラウエア火山の場所

Google Map

キラウエア火山は 1983年の噴火以来、溶岩流の噴出などの活動が続いていますが、今回のような複数の噴火が起きたのは、報道によりますと、1951年以来のことだそう。

そして、実はこの現在のキラウエア火山の活動は、地史学的な調査においては「過去 500年間の中で最も期間の長い活動」なのだそうです。

今後どのくらいの期間、噴火が続くかということについては、アメリカ地質調査所(USGS)ハワイ火山観測所の地球物理学者は「先の予想はできない」とメディアに述べています。

火山の噴火による溶岩


KPIX CBS

もともと、この2年ほど、キラウエア火山の活動は活発化し続けていまして、昨年2月には、以下の記事において、キラウエア火山の活動の状況が激しい方向に変化してきていることをご紹介していました。

ハワイ・キラウエア火山の活動が激化。以前は稀だった「海にマグマが流れ込む」状態が恒常化し、規模も最大級に

そして、最近では、それは噴火とは関係はないことなのでしょうが、1ヶ月ほど前に、キラウエア火山で「山頂の溶岩湖が大爆発を起こす」ということを以下の記事でご紹介していました。

ハワイ・キラウエア火山の溶岩湖で大爆発が発生。噴火ではなく、火口壁の崩壊と落石による事象とのこと

何となく示唆的なその様相は、活動の先行きをいろいろと思わせるものでもありました。

今のところは今後の活動はどうなるかわかりません。すぐに沈静化するかもしれないですし、長く続くかもしれないですが、ハワイというのは「太平洋の中心」ともいえる場所でもあり、そこでの火山活動は注目に値する気がします。

なお、この記事を書いた直後、日本時間の 5月5日午前、キラウエア火山を震源としたマグニチュード 6.9のかなり大きな地震が発生したことが報じられています。







-気になるニュース, 火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.