これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 気になるニュース 異常な現象

またもアメリカに現れた「虹のドラゴン」。そのふたつの都市の名前の意味を重ねてみると…

投稿日:

5月9日の米国ウェザーチャンネルより


Fire Rainbow Appears in Kentucky Sky

Sponsored Link


 

アメリカ・ケンタッキー州のハザードという街の空に、とても珍しいタイプの彩雲が出現しました。

5月6日 ケンタッキー州ハザード上空


twitter.com

色も鮮やかですが、形も何となく「龍 / ドラゴン」と似ているような感じもする雲でした(「タツノオトシゴと似ている」という表現もありそうですが)。

こういう彩雲のうちでも非常に鮮やかなものを、アメリカでは「炎の虹 (Fire Rainbow)」とも呼ぶようで、ニュースではそのように報じられています。

嬉しそうに虹の龍を紹介するキャスター


weather.com

数日前に、アメリカのカリフォルニア州に出現した、やはり「龍のような彩雲」についても下の記事でご紹介していました。

米カリフォルニア州の「虹のドラゴン」

それぞれを並べますと下のようになります。

カリフォルニア州の彩雲 5月2日


foxnews.com

ケンタッキー州の彩雲 5月6日


twitter.com
虹の龍が出現したそれぞれの場所

Google Map

ちなみに、どうでもいいことですけれど、今回「虹の龍」が出現したケンタッキー州の街の名前が「ハザード(Hazard)」だと知りまして、そういう名前の街があるのだなあと知りました。

ハザードというのは、たとえば「バイオハザード」だとか「ハザードマップ」などの日本語にもありますように「危険(な地域)」というようなことを意味する単語です。

そして、カリフォルニア州の虹の龍のほうの場所は「ピナクルズ (pinnacles)国定公園」という場所なのですが、このピナクルというのは「頂点」を意味する英単語です。

それぞれの地名を合わせれば「危険の絶頂」という意味になるのだなあと。

地図を見れば、ふたつの場所はアメリカを横断するかのような位置にあることも含めて、いろいろと考えさせてくれる「2つのドラゴン」ではあります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 気になるニュース, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.