これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 気になるニュース 異常気象

ヨーロッパで過激化する「真冬のような春」の状態。スウェーデンでは5月としては異例の -10℃以下の気温が記録される

投稿日:

2019年5月6日のスウェーデンの報道より


What's happened to summer? Asking for Sweden




 

スイスでは74年ぶりの5月の雪に

5月5日に、ヨーロッパで季節外れの雪や寒波が続いていることを以下の記事でご紹介させていただきました。

5月になってもまだ雪が降り止まないヨーロッパ各地

その後、5月6日になり、欧州各地の寒波はさらに激しくなり、特に北欧やドイツ、フランスなどでは、とても 5月とは思えない異様な気温の状況となっています。

以下は、5月6日の北欧各地の最低気温の分布です。

2019年5月6日の北欧各地の最低気温

Meteociel.fr

たとえば、日本の北海道などでもそうですが、ある程度寒冷な地域であっても、5月に平地で氷点下を記録するというようなことは基本的にないわけですが、北欧では各地で氷点下、しかもスウェーデンなどでは -12℃などを記録している状況となっています。

なお、冒頭のスウェーデンの報道の「夏に何が起きているのか」というタイトルの意味は、スウェーデンの気象機関では、

「平均気温が 10℃以上の日が 5日間連続すれば、夏と定義される」

のだそうです。

このような極端な寒冷化の状況を作り出しているのは、北極からの冷たい大気「極渦」のためだそうで、現在、ヨーロッパの上空は以下のような大気の状況となっているようです。

5月はじめのヨーロッパの大気の状況


accuweather.com

今の季節に、このように北極の大気がヨーロッパに流れこみ続けるというのは、なかなか珍しいことだと思われます。

5月6日のヨーロッパ各地の風景を少しご紹介させていただきます。

2019年5月6日 ヨーロッパ各地の「春の光景」

5月6日 スイスでは1945年以来の5月の雪に

earth-chronicles.ru

5月6日 雪に覆われたボスニア・ヘルツェゴビナの街

Armin Gutlic

5月6日 ラトビア 凍りついた果物畑の木々

Arvis Liepa

5月6日 フランス・ボルドー ブドウ畑を霜から守るために火をたき続けている光景

Severe Weather Europe

5月6日 25cm以上の積雪となったオーストリアのチロル

unwetteralarm TW

5月6日 イタリアのエミリア・ロマーニャ

Emilia Romagna Meteo







-ミニ氷河期の到来, 気になるニュース, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.